わえなび ワード&エクセル問題集

ワードとエクセルの練習問題の動画を「Youtube」で無料公開しています

【Excel】グラフの作り方を勉強したい初心者に何を説明するべきか?

「慣れている人にとっては当たり前と思っていることが、初心者には分からない」というのはよくあることです。無意識のうちに習得したことを、改めて他人に説明するのは難しいことです。

では、Excelでグラフの作り方を説明するときには、最初に何を説明したらよいでしょうか?これは教える人の力量が問われます。

いきなり、縦横に項目が並んだ表からグラフができることを言うのは間違いです。このような説明を最初にする人は、たぶん、グラフの本質が理解できていません。

f:id:waenavi:20181003234846j:plain

そこで、今回は、本気でグラフを学びたい初心者に、まず何を説明するべきかを説明します。

 

目次

問題文のあとに簡単な操作方法を解説していますが、静止画では、わかりにくいと思いますので、最後に動画を載せています。ぜひご覧ください。

 

1.系列とは何か

問題

20,30,30,40,60,80,90,90,80,60と変化するデータを折れ線グラフで表したい。
どのような表を作成すればよいか、述べなさい。

 

解説

グラフをかくときには事前に表を作成する必要があります。選択した部分をグラフ化するのであって、データが何も無いところからグラフが生まれることはありません。(詳しくは、ファンダメンタルExcel Program9-1の動画参照)

f:id:waenavi:20181003131104j:plain


原則として、データを横向きに入力して、それと同じ流れでグラフが出来上がるのが分かりやすいです。

f:id:waenavi:20181003134857j:plain

 

数値を横向きに入力するだけでも、グラフはできます。

f:id:waenavi:20181003134859j:plain


横軸には自動的に連番が入ります。

f:id:waenavi:20181003134902j:plain

 

しかし、データだけだと、何のデータかがわかりません。

f:id:waenavi:20181003134904j:plain

 

そこで、このようにデータの上に項目名を入力して2行でグラフを作ります。

f:id:waenavi:20181003134907j:plain

 

2行選択します。

f:id:waenavi:20181003134909j:plain

 

折れ線グラフを挿入します。

f:id:waenavi:20181003134911j:plain


横軸に項目が表示されます。

f:id:waenavi:20181003134914j:plain

 

項目を表す上の行を「項目行」、下のデータの行を「系列行」といいます。項目行が上で、その次の行に系列行を入力します。

f:id:waenavi:20181003134916j:plain


これを上下逆に入力してはいけません。

f:id:waenavi:20181003134918j:plain

 

特に系列が1行しかないものを「系列が1つである」といいます。「1系列である」ともいいます。5行であれば「5系列」です。

f:id:waenavi:20181003134921j:plain

 

1系列の表とグラフは最も基本的な形となります。この基本形をしっかり練習することで複雑な表も簡単に作ることができるようになります。

f:id:waenavi:20181003134923j:plain

 

項目とデータはセットなので、縦の対応関係がずれてはいけません。

f:id:waenavi:20181003134926j:plain


したがって、項目とデータの個数は同じでなければなりません。

f:id:waenavi:20181003134928j:plain

 

さらに、左の列に降水確率と入力したとします。このように、系列行の先頭に付ける名前のことを「系列名」といいます。

f:id:waenavi:20181003134930j:plain


これを含めて範囲選択をしてもよいですが、その場合は左上のセルも選択しなければいけません。

f:id:waenavi:20181003134933j:plain

 

折れ線グラフを挿入します。

f:id:waenavi:20181003134935j:plain

 

項目とデータの個数は必ず同じです。

f:id:waenavi:20181003134938j:plain


系列名を選択範囲に含めるときは、左上のセルが空白もしくは斜線が引いてあったとしても必ず選択します。

f:id:waenavi:20181003134940j:plain

 

ちなみに、系列名は自動的にグラフのタイトルになります。

f:id:waenavi:20181003134942j:plain

 

左上のセルに文字列があっても同じです。選択している1行目と2行目のセルの個数は同じです。

f:id:waenavi:20181003134945j:plain

 

2.系列は必ず数値データにする

問題
次の表を用いてグラフを作ろうとしている。縦棒グラフを正しく挿入しなさい。
f:id:waenavi:20181003152756j:plain

 

解説

系列は必ず数値データです。

f:id:waenavi:20181003152935j:plain

 

数字以外の文字が入っているのは間違いです。

f:id:waenavi:20181003152937j:plain

 

この場合は、単位をなくして、系列名に入れます(置換による一括削除について詳しくはファンダメンタルExcel Program8-13の動画参照)。

f:id:waenavi:20181003152940j:plain

 

単位は系列名に入れます。

f:id:waenavi:20181003152943j:plain


縦棒グラフを挿入します。これで完成です。

f:id:waenavi:20181003152945j:plain 

 

3.項目とデータは連続した1行で入力する

問題

次の表を用いてグラフを作ろうとしている。縦棒グラフを正しく挿入しなさい。

f:id:waenavi:20181003152811j:plain

 

解説

グラフを書くための表は項目とデータが1対1で対応していなければいけません。そして、同一の行にすべて入力しなければいけません。

f:id:waenavi:20181003152947j:plain

 

このように上段、下段に分けて入力するのは間違いです。

f:id:waenavi:20181003152950j:plain


項目、系列それぞれ1行にして入力します。

f:id:waenavi:20181003152952j:plain

 

縦棒グラフを挿入します。これで完成です。

f:id:waenavi:20181003152955j:plain

 

4.縦長の表

問題

次の表を用いてグラフを作ろうとしている。縦棒グラフを正しく挿入しなさい。

f:id:waenavi:20181003152823j:plain

 

解説

縦長の表にして縦向きにデータを入力しても構いません。その場合は1列目が項目、2列目が系列となります。

f:id:waenavi:20181003152957j:plain


2行目以降を選択すればよいですが、系列名を含めて選択するときは、左上のセルも併せて選択する必要があります。

f:id:waenavi:20181003153001j:plain

 

範囲選択します。縦棒グラフを挿入します。

f:id:waenavi:20181003153003j:plain


これで完成です。

f:id:waenavi:20181003153006j:plain

 

5.結合セル

問題

次の表を用いてグラフを作ろうとしている。縦棒グラフを正しく挿入しなさい。

f:id:waenavi:20181003152908j:plain

 

解説

左上のセルが縦に結合されています。

f:id:waenavi:20181003230003j:plain

 

このような選択の仕方をしてはいけません。

f:id:waenavi:20181003230007j:plain

 

左上のセルが、縦に結合されているため、項目名と高さが異なる場合は、左上のセルを選択してはいけません。

f:id:waenavi:20181003230009j:plain


左上のセルを選択しないので、系列名も選択しません。

f:id:waenavi:20181003230012j:plain


範囲選択します。縦棒グラフを挿入します。

f:id:waenavi:20181003230014j:plain

 

別解

ちなみに、全部選択してグラフをかくことは可能です。 (詳しくは、ファンダメンタルExcel Program9-5 の動画参照)

f:id:waenavi:20181003230017j:plain

f:id:waenavi:20181003230019j:plain

 

6.系列を変える

問題

次の表と3つの折れ線グラフを作りなさい。

f:id:waenavi:20181003230812j:plain

f:id:waenavi:20181003230815j:plain

 

解説

まず、上の2行を選択します。

f:id:waenavi:20181003232756j:plain 

 

マーカー付きの折れ線グラフを挿入します。

f:id:waenavi:20181003232758j:plain

 

コピーします。

f:id:waenavi:20181003232801j:plain

 

このように青色の太線(太枠)をドラッグで動かすことによって系列を変えることができます。

f:id:waenavi:20181003232803j:plain

f:id:waenavi:20181003232806j:plain

f:id:waenavi:20181003232808j:plain

 

1系列の場合、項目とデータが1対1で対応している必要があります。

f:id:waenavi:20181003232811j:plain


原則として、項目と系列がそれぞれ1行です。

f:id:waenavi:20181003232814j:plain 

 

金・銀・銅、いずれも項目が1行で、系列も1行です。

f:id:waenavi:20181003232817j:plain

 

7.複数系列のグラフ

問題

さきほどの表を用いて、折れ線グラフを作りなさい。

f:id:waenavi:20181003230527j:plain

 

解説

1つの表でグラフを3つかくのは面倒です。

f:id:waenavi:20181003232817j:plain


また、目盛間隔が異なるため、直接、高さを比較することもできません。

f:id:waenavi:20181003232819j:plain

 

同じ項目に対して、複数の系列があれば、これらを、1つのグラフとして重ねることができます。

f:id:waenavi:20181003232822j:plain

f:id:waenavi:20181003232825j:plain

 

1行目から4行目までを選択します。

f:id:waenavi:20181003232827j:plain

 

マーカー付き折れ線グラフを挿入します。

f:id:waenavi:20181003232829j:plain

 

これで、3つの折れ線が1つのグラフになります。

f:id:waenavi:20181003232832j:plain

 

項目行が1つに対して、系列が複数あることを「複数系列」といいます。この場合は、項目行が1行で、系列が3つあります。

f:id:waenavi:20181003232834j:plain

 

系列は図形で表され、折れ線グラフの場合、1系列であれば1本の折れ線、2系列であれば2本の折れ線、3系列であれば3本の折れ線と、折れ線の本数が増えていきます。

f:id:waenavi:20181003232836j:plain

f:id:waenavi:20181003232839j:plain

 

ところが、凡例を見ると系列が連番で表示されています。

f:id:waenavi:20181003232842j:plain


これは、範囲選択の時に、系列名である、金・銀・銅を選択していなかったことが原因です。これでは、3本の折れ線のうち、どれが金で、どれが銀で、どれが銅かがわかりません。

f:id:waenavi:20181003232845j:plain

 

1系列のグラフの場合は折れ線が1本しかなかったので、系列名を選択するかどうかはあまり重要ではありませんでした。

f:id:waenavi:20181003232847j:plain

 

しかし、系列が複数あるときは、折れ線も複数になるので、どの線が、何を表しているかが分かりません。

f:id:waenavi:20181003232849j:plain

 

複数系列の場合は、系列を区別する必要があります。

f:id:waenavi:20181003232852j:plain

 

したがって、必ず系列名も選択します。

f:id:waenavi:20181003232854j:plain

 

このとき、項目行と系列行の、選択するセルの個数を揃える必要があるので、左上のセルも必ず選択します。

f:id:waenavi:20181003232856j:plain

 

左の列も含めて選択します。マーカー付き折れ線グラフを挿入します。

f:id:waenavi:20181003232858j:plain

 

今度は、系列名が表示されます。

f:id:waenavi:20181003232900j:plain

 

8.項目軸

問題

さきほどの表を用いて、2つの縦棒グラフを作りなさい。

f:id:waenavi:20181003230850j:plain

 

解説

項目が表示されている軸のことを、「項目軸」といいます。

f:id:waenavi:20181003232903j:plain


グラフの完成イメージを見るときにはまず項目軸を見ます。2つとも同じです。2051年から2059年までが項目であることがわかります。

f:id:waenavi:20181003232906j:plain

 

次に系列の数と系列名を見ます。

f:id:waenavi:20181003232908j:plain


棒グラフの場合は、2系列であれば1つの項目に対して2本、3系列であれば3本になります。

f:id:waenavi:20181003232911j:plain

 

項目名と金、銀を選択します。

f:id:waenavi:20181003232913j:plain


縦棒グラフを挿入します。

f:id:waenavi:20181003232916j:plain


金と銀だけのグラフになります。

f:id:waenavi:20181003232918j:plain

 

今度は表全体を選択して、縦棒グラフを挿入します。これは3つの系列のグラフです。

  f:id:waenavi:20181003232921j:plain 

 


解説は以上です。

www.waenavi.com


9.動画版はこちら(無料)

この記事は、わえなび実力養成講座「ファンダメンタルExcel」Program 9-3 と 9-24 の2本のYoutube動画を書き起こして、加筆修正したものです。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

ちなみに、Excelのグラフの動画は全部で56本あります。
すべて無料公開しています。ぜひご覧ください。

 


Youtube わえなび公式チャンネル
http://www.youtube.com/c/waenavijp

チャンネル登録(無料)をすると最新の動画をチェックできます。
初心者向けの動画が大量にあります。

 

 

 

 

 

Copyright(C)2018 waenavi, All rights reserved. [www.waenavi.com 定礎 平成30年8月]