わえなび ワード&エクセル問題集

当サイトはWordとExcelの実力を鍛える最高水準の特訓問題集です。リンクを張るのは自由です。みんなで勉強しましょう!

MOS合格対策本はFOMのテキストがおすすめです!&CDドライブ問題について

WordやExcelの検定試験はいろいろありますが、マイクロソフトが公認しているのはMOS検定(Microsoft Office Specialist試験)だけです。

ところで、WordやExcelの基礎を身につけるためにパソコン教室に通うのは構いませんが、MOSに合格するだけのためにパソコン教室に通う(または通信講座を受ける)のは時間の無駄です。

MOSに合格するためのテキストは、FOM出版の緑本こと「よくわかる対策テキスト&問題集」です。パソコン教室の講師の言うことよりも、FOMのテキストに書いてあることのほうが確実です。そこで、今回は、FOMのテキストについて解説します。

 

 

解説

今回は特別企画につき動画へのリンクはありません。

1.独学で合格してこそ価値がある

MOSを受けるには、当然、WordやExcelの基礎をしっかりと学習しなければなりません。何も分からずに資格試験を受けても意味がありません。WordやExcelの基礎の学習のためにパソコン教室に通うのは構いません。万が一、トラブルが発生した時に対処できる人が近くにいれば安心です。

 

しかし、基礎が身についている人が、検定試験に合格するためにわざわざパソコン教室に通ってはいけません。MOS対策講座、MOS合格保証講座などという名称で高い授業料の講座がありますが、このような講座を絶対に受けてはいけません

そもそも、他人の力を借りなければWordやExcelが使えないという人が、合格証書をもらって何の価値があるのでしょうか?分からないことがあったときに自分で調べられない人が、WordやExcelを仕事で使えるのでしょうか?

MOSの合格証書は一人でWordやExcelが操作できることを証明するものであって、講師に手取り足取り教えてもらって、ぎりぎり受かってもまったく意味がありません。MOSは独学で受かってこそ価値があるのです。

 

2.FOMとは何か

FOMはエフオーエムと読みます。富士通エフオーエム(株)の略称で、富士通の子会社です。FOM出版のよくわかるマスターシリーズはMOS試験に限らず、パソコン関連のテキストで定評があります。

f:id:waenavi:20190306213746j:plain

 

3.MOS対策テキスト

FOMが出版している書籍の中で、特に、MOS試験対策の「よくわかるマスターMOS対策テキスト&問題集」のシリーズは、掲載されている問題がそのまま本番に出ることもあるくらい、完成度が高いです。MOS対策テキストの中身ですが、前半は「テキスト」=復習のための解説です。「データダウンロード」のサイトでサンプルデータが無料で配布されていますから、それを使って練習します。ただし、知っている内容については実際に操作せず、本を読むだけ(イメージトレーニングのみ)でよいです。

データダウンロード
http://www.fom.fujitsu.com/goods/downloads/officespecialist.html

正誤表
http://www.fom.fujitsu.com/goods/erratum/officespecialist.html

そして、後半は模擬試験です。5回分ありますから、間違えたところを解答アニメを見ながら重点的に練習します。5回の試験がすべて理解できたら合格できます。試験日の直前にランダム試験をします。

FOM1冊をしっかりと練習すれば1000点満点のうち900点以上は余裕で取れます(合格基準は700点前後らしい)。

 

FOM「よくわかるマスター MOS Word 2016 対策テキスト&問題集」

【MOS Word 2016 Specialistレベル(一般レベル)】

 

【MOS Word 2016 Expertレベル(上級レベル)】

 

FOM「よくわかるマスター MOS Excel 2016 対策テキスト&問題集」

【MOS Excel 2016 Specialistレベル(一般レベル)】

 

【MOS Excel 2016 Expertレベル(上級レベル)】

 

FOM「よくわかるマスター MOS Word 2013 対策テキスト&問題集」

【MOS Word 2013 Specialistレベル(一般レベル)】

 

【MOS Word 2013 Expertレベル(上級レベルPart1/Part2)】

 

FOM「よくわかるマスター MOS Excel 2013 対策テキスト&問題集」

【MOS Excel 2013 Specialistレベル(一般レベル)】

 

【MOS Excel 2013 Expertレベル(上級レベルPart1/Part2)】

 

4.中身を見る

一部のページがPDFで公開されています。

 

5.Amazonのレビューを勝手に紹介します

FOM出版のMOS対策教材は売上No.1を誇っています ※大手書店における販売実績より(FOM調べ)。Amazonでも販売されていますが、評価は星4つ以上となっており、おおむね好評です。

しかし、Amazonのレビューを100%信用してはいけません。例えば、短期間で合格できた!!というレビューもありますが、それはWordやExcelの基礎を基本書でしっかりと勉強していることが前提です。

 

また、「MOS Excel2016のテキストと、Office365で画面表示が違う」というレビューがありましたが、それはテキストのせいではなく環境のせいです。バージョンが違えば画面表示が異なるのは当たり前です。そんな人でも合格したと報告しているのですから、FOMのテキストは間違いないと思われます。

というわけで、FOMだけで合格した方で、点数を報告しているレビューを勝手に集めてみました。合格した直後に喜んで書いているのか、それぞれのレビューがものすごく長いので(笑)、一部分だけをピックアップしています。

(1)MOS対策テキスト&問題集 Word一般レベル

完璧なテキストです。

このテキストだけを使って981点で合格しました。

これ1冊で合格できます。

MOS取得により評判の良かったこのテキストで勉強しました。
結果は1000点満点で、試験中悩むようなところも無く、最高のテキストだったと思います。

模擬試験だけで2000円の価値あり

この本で勉強して実際のテストでは満点でした。
付録の模擬試験がとても優秀です。5問ある模試を完璧に解けるようにしておけば不合格になることはまず無いと思います。

優秀なテキストです

1000点満点で合格しました。一通り流して、問題を4回程度反復しました。おススメです。

パターンがよくわかりなれが早くなります(合格しました)

無事合格しました。
驚くのは本試験、簡単に感じたこと。このままケアレスミスしなければ満点狙えるかも?と思いましたが、そうは行かず^^;;
一問、どう考えても今も納得出来ない問題に当たりました。そこがミスったと思います。
980点ぐらいだったと思います。
このテキストを一通り解き、模試をトライ。その後何度もランダムをこなせば満点取れる方も多いと思います。
がんばってください!

これ一冊やれば十分

この本を使用して満点合格しました。
テキスト部分は分かりやすく、学習用サンプルファイルも用意されています。
模試も5回分付いており、これ一冊やればMOS合格には十分だと思いました。

 

(2)MOS対策テキスト&問題集 Excel一般レベル

エクセルを使ったことが無いアラフィフおばさんですが、これ1冊で950点以上で合格できました。

理解しやすかったです。口コミどおり、これ1冊で合格できるって本当ですね。
他の方も仰っているように、ちゃんと答えていてもエラーがでる箇所があり、そこはちょっとイラつきました。
しかし、説明が丁寧ですしコスパも良いです!!

他に適当なテキストがない

本番の試験は、この本の模擬試験よりはやさしかったようです。
ほぼ、満点に近い点数で合格できました。
他に適当なテキストがないので、これを選ぶしかないという印象です。

これ一冊で十分

2週間、一日1時間やりました。
具体的な点数は忘れてしまいましたが800点代後半で合格しました。

網羅している

実務でExcel使用したことがあり、再就職に向けて資格取得のために購入した。Excel知識はあるつもりだったが、基礎からやり直す中で、知らない使い方も多々あり、大変参考になった。
勉強期間は実質1ヶ月、初めての受験で満点合格できたのは、この本のおかげ、さらに言うなら収録されている模擬テストのおかげです。ありがとうございました!

初回受験で979点で合格出来ました。

2018年11月26日にAmazonから配送されて12月9日までの学習で12月10日の試験に979点で合格出来ました。
合格するだけならもっと短期間でも行けそうです。
結構分かりやすいと思います。

わかりやすかった!

独学、936/1000で合格しました。
他の方のレビューにもありますが模擬試験問題をやってから苦手な分野を復習するというやり方の方が効率が良いと思います。また各章ごとの終わりにミニテストがあるのでそれをやるのもお忘れなく。また流れ作業にならないように1つ1つの作業の意味を考えながらやることで身につきやすくなります。

勉強になりました模擬試験プログラム

テキストの内容を一通り実際に手を動かしてやってみて、これまた楽勝!と思っての模擬試験、第一回は正解率29%と讃嘆たるもの。その後、模擬試験を3~5周やり、最後の2周が90~100%になったところで、受験。1000点(満点)で合格しました。
テキスト学習だけでは足りない理解を、模擬試験で補強できます。初めてのMOS試験でしたが、本番でも模擬試験プログラムで試験形式に慣れていたので、ほとんど戸惑わずに受験できました。

 

6.丁寧に操作すること

(1)審判に「正解!」と言わせる

MOSはコンピュータ実技試験なので、採点もコンピュータが自動で行います。自分ではできていると思っていても、審判であるコンピュータに「正解!」と言わせなければ点数はもらえません。

ただし、FOMの模擬試験は「誤審」があるようなので、イライラしないようにしたほうが良いです。

(2)問題文を区切って処理する

「XXXの段落の前に次のページから始まるセクション区切りを挿入してください。」のように問題文を細かい文節(連文節)で区切って、すべての指示をこなしたかを確認します。鉄道の車掌のように指差し確認してもかまいません。もれなく操作をしたことを確認して次に進みます。

(3)日本語の通りに操作をしなければ正解ではない

「移動しなさい」という指示であれば「切り取り・貼り付け」または「ドラッグ」以外の操作は不可です。指示以外の操作をしてはいけません。また、結果が正しくても問題文の操作と異なる余計な操作をした場合は正解判定とはなりません。

余計な場所をカチカチとクリックしてしまった場合は、不正解の判定になるおそれがありますので、リセットしてやり直したほうが良いです。

(4)操作の完了をしっかりと

操作の完了をしっかりと行います。例えば、Excelの入力の場合、Enterで確定して点滅のカーソルを消さなければなりません。図形の場合は処理が終わったら選択を外します。操作が2つ以上ある時は、1つ1つ区切ってしっかりと操作を完了させます(一気に2つ以上の作業をやろうとしてはいけない)。

 

7.CDドライブが無かったらどうするか問題

FOMの対策テキストにはCDがついています。このCDのなかに模擬試験のプログラムが入っています。ところが、最近の薄いノートパソコンにはCD/DVDドライブのないものがあって、CDが挿入できなかったらどうすればいいのか?と悩んでしまいます。

この問題を解決してからテキストを購入したほうが良いです。解決方法は次の3つが挙げられます。

f:id:waenavi:20190306215014j:plain

(1)仮想ドライブを入れる

ちょっと難しい話になりますが、ImgDrive、DAEMON Toolsのような仮想ドライブのフリーソフトがあります。

【無料】仮想ドライブのソフト一覧 - 窓の杜
https://forest.watch.impress.co.jp/library/nav/genre/sys/hardcust_virtualdrv.html

仮想ドライブとは、CDドライブが無くても、パソコンに仮想のドライブを作ってCDのデータを読めるようにするソフトのことです。FOMテキストのCDのデータをUSBメモリにコピーして読み取ります・・・と仮想ドライブの使い方を説明してみましたが、詳しくない人にはあまりお勧めできません。

 

(2)CDドライブの共有

2台以上のパソコンを持っていて、そのパソコンにCD/DVDドライブがあり、しかも、LANでつながっている場合、そのCD/DVDドライブを共有することで、CDを読むことができます。2台以上のパソコンを持っている人であれば、ドライブやプリンタの「共有」はよく使う方法だと思います。

f:id:waenavi:20190308180706j:plain

 

(3)CD/DVDドライブを単体で買う

ノートパソコン1台だけしか持ってなくて、CDが差せなくて困っている人は、USBで接続できる外付けのDVDドライブを購入するしかないと思います。だいたい3000~4000円くらいです。MOSのためではなく、DVD鑑賞/DVD保存のために購入しましょう。

 

8.MOS合格祈願!!

本番で実力が発揮できるように神頼みをしておけば完璧です。

 

 


Copyright(C)2018-2019 waenavi, All rights reserved. [www.waenavi.com 定礎 平成三十年八月]