わえなび ワード&エクセル問題集

当サイトはWordとExcelの実力を鍛える最高水準の特訓問題集です。リンクを張るのは自由です。みんなで勉強しましょう!

MOS Word2016参考資料の作成と管理、ヘッダーフッター、文書の区切り

MOSのWordといえば以前から長文作成機能とヘッダーフッターが良く出題されます。一般的なWord検定では1級レベルに相当します。マイクロソフトとしては便利な機能としてアピールしたいところだと思いますが、多くの初心者にとっては一生に一度か二度しか使うことが無い機能であって、苦労して覚えたところでメリットが全くありません。

マイクロソフトがめんどくさい機能ばかり自慢げにアピールしていることが、かえって、初心者にとって「Wordが難しい」と感じてしまう原因になっているのです。一般レベルの試験はもう少し基礎に絞って出題してほしいものです。

そこで、今回は、MOS Word 2016一般レベルの出題範囲の中で、一般レベルとは思えない内容の「参考資料の作成と管理」について解説します。

※なお、MOSの出題形式とは異なりますので、合格は保証しません。

 

 

目次

0.MOSの概要について

MOS Wordの概要については既に別の記事で解説しています(【MOS試験】Word一般レベル受験対策おすすめの本と合格までの流れ)。また、MOSの対策テキストについてはこちらの記事をご覧ください。

 

1.ヘッダーとフッター

(1)挿入と削除

問題

ヘッダー「オースティン」を挿入しなさい。また、ヘッダーを削除しなさい。

解説

挿入タブ、ヘッダーのなかからオースティンを選びます。

f:id:waenavi:20190927122626j:plain

 

これでヘッダーが入ります。

f:id:waenavi:20190927122721j:plain

 

ヘッダーとフッターを閉じます。ヘッダーとフッターを閉じるのを忘れてはいけません。

f:id:waenavi:20190927122725j:plain

 

挿入タブ、ヘッダーのなかからヘッダーの削除を選びます。

f:id:waenavi:20190927122821j:plain

f:id:waenavi:20190927122824j:plain

 

これでヘッダーが消えます。

f:id:waenavi:20190927122843j:plain

 

(2)別指定

問題

奇数のページのヘッダーに右揃えで「yyyy/m/d」の形式の日付を挿入しなさい。また、1ページ目のヘッダーを削除しなさい。 

解説

挿入タブ、ヘッダーのなかからヘッダーの編集を選びます。

f:id:waenavi:20190927122821j:plain

f:id:waenavi:20190927123007j:plain

 

奇数/偶数ページ別指定にチェックを入れます。

f:id:waenavi:20190927123050j:plain

 

「奇数ページのヘッダー」になっていることを確認して、日付と時刻のボタンを押します。

f:id:waenavi:20190927123206j:plain

 

カレンダーの種類を西暦(グレゴリオ暦)にして、「yyyy/m/d」の形式を選択します。

f:id:waenavi:20190927123208j:plain

 

右揃えにします。

f:id:waenavi:20190927123234j:plain

 

ちなみに、2ページ目は偶数なのでヘッダーが入っていません。

f:id:waenavi:20190927123315j:plain

 

先頭ページのみ別指定のチェックを入れます。

f:id:waenavi:20190927123420j:plain

 

「1ページ目のヘッダー」になっていることを確認します。日付が消えています。

f:id:waenavi:20190927123446j:plain

 

2ページ目もありません。

f:id:waenavi:20190927123503j:plain

 

3ページ目に日付があります。これで完成です。

f:id:waenavi:20190927123528j:plain

 

ヘッダーとフッターを閉じます。

f:id:waenavi:20190927122725j:plain

 

2.ページ番号

(1)ページ番号の挿入と削除

問題

ページの下部にページ番号「太字の番号2」を挿入しなさい。また、ページ番号を削除しなさい。 

解説

挿入タブ、ページ番号の中から「太字の番号2」を選びます。

f:id:waenavi:20190927123711j:plain

 

フッターにページ番号が入ります。

f:id:waenavi:20190927123833j:plain

 

ヘッダーとフッターを閉じます。

f:id:waenavi:20190927122725j:plain

 

挿入タブ、ページ番号の中からページ番号の削除を選びます。これでページ番号が消えます。

f:id:waenavi:20190927123928j:plain

 

(2)ページ番号の書式設定

問題

ページの下部にページ番号「番号のみ2」を挿入し、ローマ数字(小文字)で開始番号を2にしなさい。

解説

挿入タブ、ページ番号の中から「太字の番号2」を選びます。

f:id:waenavi:20190927124036j:plain

 

フッターにページ番号が入ります。

f:id:waenavi:20190927124117j:plain

 

ページ番号の中から、ページ番号の書式設定を選びます。

f:id:waenavi:20190927124152j:plain

 

番号書式をローマ数字(小文字)にして、開始番号を2(ii)にします。

f:id:waenavi:20190927124224j:plain

 

これで完成です。

f:id:waenavi:20190927124255j:plain

 

ヘッダーとフッターを閉じます。

f:id:waenavi:20190927122725j:plain

 

3.ページの背景

問題

「コピー厳禁」の透かしを水平に設定しなさい。また、ページの背景色を濃い青にしなさい。 

解説

デザインタブ(Word2013以前のレイアウトタブ)の透かしの中から、ユーザー設定の透かしを選びます。

f:id:waenavi:20190927124423j:plain

f:id:waenavi:20190927124443j:plain

 

「テキスト」「コピー厳禁」を選び、「水平」にします。

f:id:waenavi:20190927124539j:plain

 

ページの色の中から、濃い青を選びます。

f:id:waenavi:20190927124621j:plain

 

4.ページ罫線

問題

ページ全体を赤色・1.5ptの二重線で囲みなさい。また、二重線を削除しなさい。 

参考記事

解説

デザインタブ(Word2013以前のレイアウトタブ)のページ罫線を押します。

f:id:waenavi:20190927124736j:plain

 

「囲む」「二重線」「赤色」「1.5pt」を選びます。

f:id:waenavi:20190927124815j:plain

 

もう一度ページ罫線のボタンを押します。

f:id:waenavi:20190927124736j:plain

 

左上の「罫線なし」を選ぶと、ページ罫線の削除になります。

f:id:waenavi:20190927124902j:plain

 

5.ページ区切りとセクション区切り

(1)改ページ

問題

1ページ目、5行目の「文書の~」の前に改ページを挿入しなさい。また、改ページを削除しなさい。

参考記事

解説

改ページを挿入するときは、問題文の指示に従ってその段落の先頭にカーソルを置きます。

f:id:waenavi:20190927125341j:plain

 

挿入タブ、ページの中のページ区切りを選びます(レイアウトタブの改ページはあまり良くない)。

f:id:waenavi:20190927125054j:plain

 

改ページになります。

f:id:waenavi:20190927125410j:plain

 

この改ページを選択します。

f:id:waenavi:20190927125454j:plain

 

Deleteキーで削除になります。

f:id:waenavi:20190927125341j:plain

 

(2)セクション区切り

問題

1ページ目、5行目の「文書の~」の前に、次のページから開始するセクション区切りを入れ、セクション区切りの後のページについて、上の余白を30mm、印刷の向きを横にしなさい。

参考記事

解説

セクション区切りを挿入するときは、問題文の指示に従ってその段落の先頭にカーソルを置きます。

f:id:waenavi:20190927125341j:plain

 

レイアウトタブ、区切りの中の、次のページから開始のセクション区切りを選びます。

f:id:waenavi:20190927130705j:plain

 

セクション区切りが入ります。

f:id:waenavi:20190927130740j:plain

 

次のページにカーソルを移動します。

f:id:waenavi:20190927130916j:plain

 

余白の中のユーザー設定の余白を選びます。

f:id:waenavi:20190927130943j:plain

 

上を30mmにして、印刷の向きを横にします。

f:id:waenavi:20190927131011j:plain

 

セクション区切りは単なる改ページとは異なり、セクションの前後でページ設定を変えることができます。

f:id:waenavi:20190927131142j:plain

 

6.段組み・段区切り

(1)段組みの設定と解除

問題

1段目の狭い段組みに設定して、段の間隔を3字にしなさい。また、段組みを解除しなさい。

f:id:waenavi:20190927131420j:plain

 

参考記事

解説

文章中の特定の部分だけを段組みにする場合は、必ずその部分を選択します。レイアウトタブ、段組みのなかの、段組みの詳細設定を選びます。

f:id:waenavi:20190927131549j:plain

 

「1段目より狭く」「3字」の設定をします。

f:id:waenavi:20190927131616j:plain

 

段組みになります。このとき前後にセクション区切りが入ります。

f:id:waenavi:20190927131641j:plain

 

もう一度、段組になっている部分を選択します。1段にします。

f:id:waenavi:20190927131721j:plain

 

これで段組みの解除になります。

f:id:waenavi:20190927131809j:plain

 

なお、段組みを解除してもセクション区切りが残ったままなので、Deleteキーですべて消します。

f:id:waenavi:20190927131824j:plain

 

(2)段区切り

問題

境界線のある4段組みの設定をして、段区切りを挿入しなさい。

f:id:waenavi:20190927131420j:plain

 

参考記事

解説

範囲選択をします。レイアウトタブ、段組みのなかの、段組みの詳細設定を選びます。

f:id:waenavi:20190927131549j:plain

 

段数を4にして、「境界線を引く」にチェックを入れます。

f:id:waenavi:20190927131934j:plain

 

これで4段組みになります。段区切りを挿入するときは、段落の先頭にカーソルを置きます。

f:id:waenavi:20190927132035j:plain

 

レイアウトタブ、区切りのなかの段区切りを選びます。

f:id:waenavi:20190927132100j:plain

 

段区切りが挿入されます。

f:id:waenavi:20190927132128j:plain

 

7.表紙

問題

表紙「サイドライン」を挿入して、会社名を削除しなさい。 

解説

挿入タブのページ、表紙のなかのサイドラインを選びます。

f:id:waenavi:20190927132333j:plain

 

「会社」のクリックして、Deleteキーを押して削除します。

f:id:waenavi:20190927132433j:plain

f:id:waenavi:20190927132437j:plain

 

8.目次

(1)自動作成の目次と削除

問題

2ページ目の先頭に自動作成の目次2を挿入しなさい。また、削除しなさい。 

参考記事

解説

2ページ目の先頭にカーソルを置きます。

f:id:waenavi:20190927132558j:plain

 

参考資料タブ、目次のなかから、自動作成の目次2を挿入します。

f:id:waenavi:20190927132631j:plain

 

これで目次が入ります。目次は、アウトラインレベルが設定されている文書であれば自動で作成されます。

f:id:waenavi:20190927132650j:plain

 

参考資料タブ、目次のなかから、目次の削除を選びます。これで目次の削除になります。

f:id:waenavi:20190927132726j:plain

 

(2)目次の更新

問題

2ページ目の先頭に「フォーマル」の目次を挿入しなさい。また、目次をすべて更新しなさい。 

解説

2ページ目の先頭にカーソルを置きます。参考資料タブ、目次のなかから、ユーザー設定の目次を選びます。

f:id:waenavi:20190927132906j:plain

 

書式の中からクラシックを選びます。

f:id:waenavi:20190927132941j:plain

 

これで目次が入ります。目次をクリックします。参考資料タブ、目次の更新を押します。

f:id:waenavi:20190927133040j:plain

 

目次をすべて更新します。

f:id:waenavi:20190927133043j:plain

 

9.脚注と文末脚注

(1)脚注の挿入

問題

脚注を挿入しなさい。また、文末脚注を挿入しなさい。 

参考記事

解説

脚注はそのページの下に入れる注釈であり、文末脚注はその文書の最後のページにまとめて入れる注釈です(上記記事参照)。参考資料タブの脚注の挿入ボタンを押します。

f:id:waenavi:20190927133203j:plain

 

脚注が挿入されます。ページの下に注釈を入力することができます。

f:id:waenavi:20190927133237j:plain

f:id:waenavi:20190927133240j:plain

 

参考資料タブの文末脚注の挿入のボタンを押します。

f:id:waenavi:20190927133407j:plain

 

文末脚注は最後のページに入ります。

f:id:waenavi:20190927133409j:plain

 

(2)文末脚注と脚注の変換

問題

文末脚注を脚注に変換しなさい。 

解説

文末脚注は文書の最後にあります。ここにカーソルを置きます。

f:id:waenavi:20190927133459j:plain

 

脚注と文末脚注のボタンを押します。

f:id:waenavi:20190927133532j:plain

 

文末脚注になっています。変換のボタンを押します。

f:id:waenavi:20190927133605j:plain

 

文末脚注を脚注に変更します。

f:id:waenavi:20190927133829j:plain

 

この画面を閉じます。

f:id:waenavi:20190927133920j:plain

 

脚注が2つになります。

f:id:waenavi:20190927133953j:plain

 

(3)脚注の変更

問題

脚注の番号をローマ数字(小文字)にしなさい。 

解説

脚注と文末脚注のボタンを押します。

f:id:waenavi:20190927133532j:plain

 

番号書式をローマ数字(小文字)にします。適用のボタンを押します。

f:id:waenavi:20190927134046j:plain

 

これで脚注の番号がローマ数字になります。

f:id:waenavi:20190927134121j:plain

 

10.資料文献・引用文献

(1)資料文献の登録

問題

資料文献にピース又吉直樹著、2015年文藝春秋発行の書籍「火花」を登録しなさい。 

解説

論文を作成するときに参考にした資料を「資料文献」といいます。最終的に「引用」として紹介するかしないかにかかわらずとりあえず登録しておくものです。参考資料タブの資料文献の管理を押します。

f:id:waenavi:20190927134301j:plain

 

作成ボタンを押します。

f:id:waenavi:20190927134326j:plain

 

「ピース又吉直樹」「火花」「2015」「文藝春秋」と入力します。

f:id:waenavi:20190927134415j:plain

 

マスターリストと現在のリストの両方に登録されます。マスターリストは、使用中のパソコンに保存されるものです(%APPDATA%\Microsoft\Bibliography\Source.xml)。現在のリストは現在使用しているWord文書に保存されるもので、この文書だけで使用できるものです。

f:id:waenavi:20190927134457j:plain

 

(2)資料文献を変更する

問題

種類をその他にして、「ピース又吉直樹」を「又吉直樹」に変更しなさい。

f:id:waenavi:20190927134527j:plain

 

解説

参考資料タブの資料文献の管理を押します。

f:id:waenavi:20190927134301j:plain

 

マスターリストと現在のリストのどちらでもよいので選択して、編集のボタンを押します。

f:id:waenavi:20190927134600j:plain

 

資料分権の種類をその他にして、著者の「ピース」を削除します。

f:id:waenavi:20190927134733j:plain

 

マスターリストと現在のリストの両方に反映します。

f:id:waenavi:20190927134754j:plain

 

著者が変更されていることを確認して、この画面を閉じます。

f:id:waenavi:20190927134814j:plain

 

(3)引用文献を挿入する

問題

引用文献として「火花」を挿入しなさい。 

解説

参考資料タブの引用文献の挿入のなかの「火花」を選択します。

f:id:waenavi:20190927134856j:plain

 

引用文献が挿入されます。このように、資料文献として事前に登録しておいたものの中から、実際の文章に挿入して表示した文献のことを「引用文献」といいます。

f:id:waenavi:20190927134926j:plain

 

(4)引用文献の編集

問題

挿入した引用文献について、年とタイトルだけ表示しなさい。

f:id:waenavi:20190927134926j:plain

 

解説

引用文献の右端にある三角(引用文献のオプション)をクリックします。

f:id:waenavi:20190927135050j:plain

 

引用文献の編集をします。引用文献として表示されているものを直すときは「引用文献の編集」で、元の資料文献の登録情報を直すときは「資料文献の編集」です。

f:id:waenavi:20190927135111j:plain

 

著者にチェックを入れます。これで著者が非表示になります。

f:id:waenavi:20190927135314j:plain

 

タイトルと発行年だけになります。

f:id:waenavi:20190927135455j:plain

 

(5)資料文献の削除

問題

マスターリストから資料文献を削除しなさい。 

解説

参考資料タブの資料文献の管理を押します。

f:id:waenavi:20190927134301j:plain

 

マスターリストの文献を選択します。削除をクリックすると削除されます。なお、現在の文書に引用文献として挿入しているものについては、現在のリストから削除することはできません。

f:id:waenavi:20190927135558j:plain

 

11.図表番号

問題

図の下に図表番号(Figure)を挿入し、内容を「パソコン」にしなさい。また、ラベル名を「図表」にしなさい。

f:id:waenavi:20190927135808j:plain

 

解説

図を選択します。

f:id:waenavi:20190927135829j:plain

 

参考資料タブの図表番号の挿入を押します。

f:id:waenavi:20190927135859j:plain

 

ラベルをFigure(図)にします。図表番号のFigure1の後に、「パソコン」と入力します。

f:id:waenavi:20190927135956j:plain

 

これで図表番号「Figure 1」が入ります。

f:id:waenavi:20190927135959j:plain

 

もう一度、図表番号の挿入のボタンを押します。

f:id:waenavi:20190927135859j:plain

 

ラベル名のボタンを押します。

f:id:waenavi:20190927140210j:plain

 

ラベル名を「図表」にします。

f:id:waenavi:20190927140250j:plain

 

これでラベルが「図表 1」になります。

f:id:waenavi:20190927140254j:plain

 

12.さいごに

MOS Word2016一般レベルの出題範囲「参考資料の作成と管理」を中心に、長文作成機能について解説しました。詳しくは、FOM出版「よくわかるマスターMOS Word 2016 対策テキスト&問題集」第2章127~135ページ、第4章177~205ページをご覧ください。

 


解説は以上です。


 

 


Copyright(C)2018-2019 waenavi, All rights reserved. [www.waenavi.com 定礎 平成三十年八月]