わえなび ワード&エクセル問題集

当サイトはWordとExcelの実力を鍛える最高水準の特訓問題集です。リンクを張るのは自由です。みんなで勉強しましょう!

【WordとExcel】パソコン資格検定試験の受験料と出題範囲まとめ

パソコンの資格試験は履歴書に書くとスキルの証明ができるので、できるだけ早いうちに(就職・転職活動をしている人は特に早く)資格を取得しておきたいものです。

ところで、パソコン関連の資格試験は、情報処理の試験とは異なり、国家試験でも公的資格でもなく民間の団体が勝手に実施しているものです。そして、いろんな団体が検定試験を実施しているので、同じ3級でも出題範囲が違いますし、難易度も異なります。

以前から気になっていたのですが、どのようなの団体が、どのような試験をしているのでしょうか??各主催者団体が公式のホームページを持っており、ありがたいことに出題範囲をPDFまたはHTMLで公開しています。

そこで、WordとExcelの資格を中心に一覧表にしてみました。資格を取得するときや履歴書に書くときの参考にしてください。

f:id:waenavi:20190610210313j:plain

目次

今回は特別企画につき動画へのリンクはありません。

1.ご注意ください!!

  1. この情報は変更の可能性がありますので、正式な情報は各公式サイトをご覧ください。
  2. 受験料は一般価格となります。一部の試験では学割の適用があります。受験料は消費税率10%になったら値上げとなります。
  3. コメントは、個人的な意見であり効果効能を保証するものではありません。異論・反論は一切受け付けません!

2.MOS

(1)概要

WordとExcelの開発元であるマイクロソフトの公認の試験なので、最も認知度が高く、受験料も高いです。MOS 2010の試験は2020年3月末に終了となります。

  • 正式名称:マイクロソフトオフィススペシャリスト Microsoft Office Specialist
  • 主催者:Microsoft Corporation
  • 試験実施団体:株式会社オデッセイコミュニケーションズ
  • 公式サイト:https://mos.odyssey-com.co.jp/
  • 履歴書記載例:Microsoft Office Specialist Excel2016エキスパート合格

(2)出題範囲

(3)受験料

  • スペシャリスト(一般)10,584円
  • エキスパート(上級)12,744円
    ただし、Part1、Part2に分かれているものは各10,584円

 

3.サーティファイ

(1)概要

MOSの受験料が高いことと、1級や2級が比較的取得しやすいことから人気があります。はやく2級をとりたいならサーティファイがおすすめです。

  • 正式名称:Word文書処理技能認定試験/Excel表計算処理技能認定試験
  • 主催者:株式会社サーティファイ ソフトウェア活用能力認定委員会
  • 公式サイト:
    https://www.sikaku.gr.jp/ns/wd/
    https://www.sikaku.gr.jp/ns/el/
  • 履歴書記載例:
  • サーティファイ主催 Word文書処理技能認定試験3級合格

(2)出題範囲

(3)受験料

  • 1級 7,900円
  • 2級 6,800円
  • 3級 5,800円

 

4.職能ワープロ・職能表計算

(1)概要

職能の試験は職業訓練校を中心に実施されます。サーティファイより難しいですが、練習すれば文書作成の実力はつくと思います。

  • 正式名称:コンピュータサービス技能評価試験 ワープロ部門/表計算部門
  • 主催者:中央職業能力開発協会と各都道府県の職業能力開発協会の共催
  • 公式サイト:https://www.javada.or.jp/jigyou/gino/sinsa_comp/comp.html
  • 履歴書記載例:コンピュータサービス技能評価試験 表計算部門3級 取得
    (合格したら「技士」の称号が与えられるので「取得」と書くのが正しい)

(2)出題範囲

https://www.javada.or.jp/jigyou/gino/sinsa_comp/shiken-mondai.html

(3)受験料

  • 1級 7,820円
  • 2級 6,580円
  • 3級 5,250円

(2019年10月以降)

  • 1級 7,970円
  • 2級 6,710円
  • 3級 5,350円

 

5.日商PC

(1)概要

日本商工会議所(日商)と言えば簿記検定のほうが有名です。科目名が「文書作成」「データ活用」という名前になっていることからも分かるように、機能だけでなく実践的な内容も問う問題になっています。

  • 正式名称:日商PC検定試験 文書作成/データ活用
  • 主催者:日本商工会議所と各地商工会議所の共催
  • 公式サイト:https://www.kentei.ne.jp/pc
  • 履歴書記載例:日商PC検定試験データ活用3級合格(パソコン検定ではない)

(2)出題範囲

(3)受験料

  • 2級 7,200円
  • 3級 5,140円
  • Basic基礎級4,120円

(2019年10月以降)

  • 1級 10,480円
  • 2級 7,330円
  • 3級 5,240円
  • Basic基礎級4,200円

 

6.P検(旧パソコン検定)

(1)概要

昔はパソコン検定という名前で有名でしたが、名前が変わってICTプロフィ・・・略してP検という訳の分からない試験になりました。今では進研ゼミでおなじみのベネッセが管理しており、中学生や高校生が受験するだけになっているようです。WordとかExcelといった区分けも無いので社会人が受けてもあまり意味がありません。

  • 正式名称:ICTプロフィシエンシー検定試験(通称:P検)
  • 主催者:ICTプロフィシエンシー検定協会
  • 事務局:株式会社ベネッセコーポレーション
  • 公式サイト:https://www.pken.com/
  • 履歴書記載例:ICTプロフィシエンシー検定協会主催 P検3級 合格

(2)出題範囲

(3)受験料

  • 1級 10,000円
  • 2級 6,100円
  • 準2級 5,100円
  • 3級 5,100円
  • 4級 3,000円
  • 5級 無料

 


コメント:以上が主な検定試験の概要と出題範囲となります。


 

f:id:waenavi:20190610201158j:plain

コメント:

ここから下は「受ける価値無し」の検定試験です(※個人の感想です)

社会人の履歴書に書く価値もないです(※個人の感想です)

商業高校や専門学校の生徒が、授業の一環として受験し、ほぼ全員合格して高卒で早く就職できるように配慮したものですから、試験問題がものすごく簡単です。高校生の定期テストの程度であり、スキルの証明にはなりません(※個人の感想です)

1級に合格しても、WordやExcelがほとんど使えないものと考えて差し支えありません。本当に使えるなら上記の試験に合格しているはずです。もし、これらの検定を高校時代に受験したのであれば、その合格証書はまったく意味が無いので上記の試験を受けなおしてください(これだけは事実だと思います)。

なお、一切の反論を受け付けません。

 


7.日検

  • 正式名称:日本語ワープロ検定試験/情報処理技能検定試験
  • 主催者:一般財団法人 日本情報処理検定協会
  • 公式サイト:https://www.goukaku.ne.jp/

8.全情協(旧・日情検)

  • 正式名称:パソコン技能検定Ⅱ種試験
  • 主催者:一般財団法人 全日本情報学習振興協会
  • 公式サイト:https://www.joho-gakushu.or.jp/pc/

9.全商(商業高校系)

  • 正式名称:ビジネス文書実務検定試験(旧・全商ワープロ実務検定)/情報処理検定試験
  • 主催者:公益財団法人 全国商業高等学校協会
  • 公式サイト:http://www.zensho.or.jp/puf/examination/index.html

10.全経(経理専門学校系)

11.日ビ(農業高校系)

  • 正式名称:ワープロ技能検定試験/情報技術能力検定試験
  • 主催者:一般財団法人日本ビジネス技能検定協会(学校法人大原学園)
  • 公式サイト:http://www.jab-kentei.or.jp/

12.JBS

  • 正式名称:日本語ワープロ検定/ビジネスコンピュータ検定
  • 主催者:JBS全国ビジネス学校連盟(専門学校中野スクールオブビジネス)
  • 公式サイト:http://www.nakano.ac.jp/jbs/

 


 


ストレングスファインダーは、米国ギャラップ社の開発したオンライン才能診断ツールです。Webサイト上で177個の質問に答えることで、自分の才能(=強みの元)が分かります。診断を受けるには書籍を購入して、巻末の表紙の裏の綴じ込みに記載されているアクセスコードを使ってサイトにログインします。

 


Copyright(C)2018-2019 waenavi, All rights reserved. [www.waenavi.com 定礎 平成三十年八月]