わえなび ワード&エクセル問題集

当サイトにリンクを張るのは自由です。WordとExcelの練習問題の動画を「Youtube」で無料公開しています。みんなで勉強しましょう!

WordやExcelで曲線と折れ線を描くときに「ドラッグしてはいけない」というのが伝わらなくて困る【図形オートシェイプ】

WordやExcelで初心者が図形(オートシェイプ)を描く練習をするときに最初につまづくのが曲線と折れ線ではないでしょうか?

直線は鉛筆で描くようにドラッグをしますが、曲線(スプライン曲線)や折れ線(フリーフォーム)をかくときにはドラッグをしてはいけません。「ドラッグするな!」と何回も強調しているのに、慣れていない人はドラッグをしてしまいます。

たぶん、曲線や折れ線は曲がっているので「マウスで曲げる動作をしなければいけないのではないか」と勘違いして、マウスのボタンから指を離せないのでないかと思います。曲線や折れ線には変曲点(曲がる方向が変わる点のこと)があって、それをクリックするだけで自動的に曲線も折れ線も描けるのです。

f:id:waenavi:20190111070922j:plain

 

そこで、今回は曲線と折れ線の描き方について、ブログや動画ではなかなか伝わらないかもしれませんが、できるだけ伝わるように説明してみます。

 

 

目次

問題文のあとに簡単な操作方法を解説していますが、静止画では、わかりにくいと思いますので、最後に動画を載せています。ぜひご覧ください。

 

1.曲線

問題

次のような図形を描きなさい。ただし、サイズや色は問わない。

f:id:waenavi:20190110215617j:plain

 

解説

何個かの点を滑らかに通る曲線を、スプライン曲線といいます。

f:id:waenavi:20190110220639j:plain

 

直線や四角、円、その他の図形はドラッグで描くのに対して、曲線を描くときには、絶対に、ドラッグしてはいけません

f:id:waenavi:20190110220646j:plain

 

それぞれの点をクリックします。最後だけダブルクリックをします。マウスのボタンを押すのは「クリック」の点だけです。「クリック」と「クリック」の間は、マウスを移動するだけで描けますので、マウスのボタンを絶対に押してはいけません。マウスのボタンを離して移動します。

f:id:waenavi:20190110220649j:plain

 

 複数個所のボタンを押すイメージです。

f:id:waenavi:20190111061818j:plain

 

まずは、何もない状態でクリックの練習だけをします。イメージトレーニングをします。画面上どこでもよいので1か所をクリックします。

f:id:waenavi:20190110220652j:plain

 

クリックしたら、マウスのボタンから指を離して、別の場所へ動かします。そして、クリックします。

f:id:waenavi:20190110220655j:plain

 

画面上、何か所かクリックをします。(クリック)→(指を離す)→(マウスを移動する)→(マウスを止める)→(クリック)→・・・を繰り返します。指を離すときは確実に離し、絶対にドラッグにならないように注意します。

f:id:waenavi:20190110220700j:plain

 

最後だけダブルクリックをします。

f:id:waenavi:20190110220711j:plain

 

それでは実際に書いてみましょう。図形の中から曲線を選びます。

f:id:waenavi:20190110220714j:plain

 

練習のとおりクリックします。

f:id:waenavi:20190110220717j:plain

 

クリックしたら指を離してマウスを動かしてみてください。線が現れます。マウスのボタンを押さなくても線が出てきます。しかし、次の点をクリックするまでは確定しません。クリックして、さらに指を離してマウスを動かしてみてください。

f:id:waenavi:20190110220720j:plain

 

マウスを動かすと曲線になります。次の点をクリックします。

f:id:waenavi:20190110220723j:plain

 

このように、クリックとマウスの移動を繰り返します。クリックをするときにマウスが動かないように注意します。

f:id:waenavi:20190110220729j:plain

 

最後だけダブルクリックします。これで完成です。

f:id:waenavi:20190110220732j:plain

 

削除するときはDeleteキーを押します。

f:id:waenavi:20190110220735j:plain

 

2.フリーフォーム(折れ線)

問題

次のような図形を描きなさい。ただし、サイズや色は問わない。

f:id:waenavi:20190110215632j:plain

 

解説

折れ線もクリックによって書きます。始点と折れ曲がる部分をクリックし、終点だけダブルクリックします。 

f:id:waenavi:20190110230704j:plain

f:id:waenavi:20190111062128j:plain

 

図形の中からフリーフォームを選びます。

f:id:waenavi:20190110230707j:plain

 

クリックします。

f:id:waenavi:20190110230711j:plain

f:id:waenavi:20190110230714j:plain

 

クリックとクリックの間はマウスのボタンを離します。

f:id:waenavi:20190110230717j:plain

f:id:waenavi:20190110230721j:plain

f:id:waenavi:20190110230724j:plain

 

途中、クリックした点を取り消すときは、BackSpaceキーまたはDeleteキーを押します。

f:id:waenavi:20190110230727j:plain

 

最後だけダブルクリックします。描いている途中でもう一度描き直したいときも、途中でダブルクリックをして描画を打ち切ってから描き直します。

f:id:waenavi:20190110230730j:plain

 

矢印に変えます。

f:id:waenavi:20190110232337j:plain

 

これで完成です。

f:id:waenavi:20190110232340j:plain

 

3.始点と終点が同じ場合

問題

次のような図形を描きなさい。ただし、サイズや色は問わない。

f:id:waenavi:20190110215645j:plain

 

解説

このような図形もフリーフォームで描きます。ただし、始点と終点が同じ場合は、最後ダブルクリックではなく、単にクリックします。

f:id:waenavi:20190110232906j:plain

f:id:waenavi:20190111062451j:plain

 

図形の中からフリーフォームを選びます。

f:id:waenavi:20190110232909j:plain

 

クリックします。Shiftキーを押すと縦または横に固定されます。Shiftキーを押しながら、クリックしていきます。

f:id:waenavi:20190110232912j:plain

 

最後もクリックです(最後のクリックだけはゆっくり慎重に!)。

f:id:waenavi:20190110232916j:plain

 

塗りつぶしの色を変えます。

f:id:waenavi:20190110232919j:plain

 

枠線を無しにします。

f:id:waenavi:20190110232922j:plain

 

面取りにします。これで完成です。

f:id:waenavi:20190110232925j:plain

 

4.放物線を描く

問題

次のような図形を描きなさい。

f:id:waenavi:20190110233328j:plain

 

解説

まずは縦と横に矢印を書きます。

f:id:waenavi:20190110234037j:plain

f:id:waenavi:20190110234040j:plain

 

左上と、原点をクリックします。

f:id:waenavi:20190110234043j:plain

f:id:waenavi:20190110234047j:plain

 

右上でダブルクリックして完成です。

f:id:waenavi:20190110234050j:plain

 

5.道路と建物を描く

問題

次のような図形を描きなさい。

f:id:waenavi:20190110233341j:plain

 

解説

直線を描きます。

f:id:waenavi:20190111063535j:plain

 

Shiftキーを押しながらドラッグします

f:id:waenavi:20190111063538j:plain

 

フリーフォームで、直角のL字を描きます。このときShiftキーを押しながら描きます(ドラッグはしません)。

f:id:waenavi:20190111063540j:plain

 

位置合わせをしながら大きさを決めます。

f:id:waenavi:20190111063543j:plain

 

同じようにL字を描いて、大きさを変える作業を繰り返します(ドラッグはしません)。

f:id:waenavi:20190111063546j:plain

f:id:waenavi:20190111063548j:plain

 

曲がっている矢印もフリーフォームで描きます(ドラッグはしません)。

f:id:waenavi:20190111063551j:plain

 

直線的な図形は、小さく描いてから、位置とサイズをあとで調整するほうが楽に仕上がります。

f:id:waenavi:20190111063555j:plain

 

赤色にします。太くします。矢印に変えます。

f:id:waenavi:20190111063558j:plain

 

Shiftキーで3本の線を選択します。

f:id:waenavi:20190111063602j:plain

 

線の色と太さを統一します。

f:id:waenavi:20190111063605j:plain

 

記号をかきます(ドラッグします)。

f:id:waenavi:20190111063609j:plain

 

位置の微調整はキーボードの上下左右のキーを使います。

f:id:waenavi:20190111063612j:plain

 

色を変えます。

f:id:waenavi:20190111063616j:plain

 

最後に建物を描きます。これもフリーフォームで描きます(ドラッグはしません)。

f:id:waenavi:20190111063618j:plain

f:id:waenavi:20190111063622j:plain

 

色を変えます。

f:id:waenavi:20190111063625j:plain

 

これで完成です。

f:id:waenavi:20190111063628j:plain

 

6.補足:閉曲線と開曲線

始点と終点が同じで、囲まれている図形を曲線といいます。これに対して、始点と終点があるものを曲線といいます。

f:id:waenavi:20190111065030j:plain

 

閉曲線は内側と外側が完全に区切られているため、その領域に対して、影を付けたり、立体にしたりすることができます。

f:id:waenavi:20190111065034j:plain

f:id:waenavi:20190111065038j:plain

f:id:waenavi:20190111065042j:plain

f:id:waenavi:20190111065046j:plain

 

フリーフォームの閉曲線の場合、始点と終点が同じであるため、最後はクリックで終わります。

f:id:waenavi:20190111065048j:plain

 

この場合は閉曲線なので、影を付けたり、立体にしたりすることができます。

f:id:waenavi:20190111065051j:plain

 

しかし、この図のように、始点と終点の間に少しでも隙間があり、開曲線になっている場合は、立体にすることができません。

f:id:waenavi:20190111065055j:plain

f:id:waenavi:20190111065058j:plain

f:id:waenavi:20190111065102j:plain

 

f:id:waenavi:20190111065107j:plain

 


5.動画版はこちら(無料)

この記事は、わえなび実力養成講座「ファンダメンタルWord」Program9-3、9-3-2 の動画を書き起こして、加筆修正したものです。

 

ちなみに、図形(オートシェイプ)の動画は全部で17本(本編11本・補講6本)あります。すべて無料公開しています。ぜひご覧ください。

 

 


Copyright(C)2018-2019 waenavi, All rights reserved. [www.waenavi.com 定礎 平成三十年八月]