わえなび ワード&エクセル問題集

ワードとエクセルの練習問題の動画を「Youtube」で無料公開しています

【Excel】人口ピラミッドグラフ(バタフライチャート)の作り方

人口ピラミッドグラフは、縦軸を中央にして、年代別の人口を左右に棒を伸ばして表した横棒グラフのことです。正しくはバタフライチャート(Butterfly Chart)といいます。

バタフライチャートを練習することで、横棒グラフのすべての要素を練習することができます。練習が足りないと感じたら、基本に戻って練習しなおすことをおすすめします。

最後に、動画の解説を載せていますので、ぜひご覧ください。

※これはイメージです

f:id:waenavi:20180925235240j:plain

 

問題

次の表はある町の性別・年代別の人口である。

f:id:waenavi:20180925224038j:plain


この表をもとに次のようなグラフ(年齢別人口構成図)を作ろうとしている。

※これはイメージです。

f:id:waenavi:20180925224158j:plain


(1)次のグラフを集合棒グラフで作りなさい。

f:id:waenavi:20180925224423j:plain 


(2)次のグラフを積み上げ横棒グラフで作りなさい。

f:id:waenavi:20180925224425j:plain


(3)次のグラフを積み上げ横棒グラフで作りなさい。

f:id:waenavi:20180925224428j:plain


(4)設問(1)のグラフを次のようにしなさい。

f:id:waenavi:20180925224430j:plain


(5)次のグラフを積み上げ横棒グラフで作りなさい。

 f:id:waenavi:20180925224432j:plain

 

解説(1)

集合横棒グラフを挿入します。

f:id:waenavi:20180925230321j:plain

 

横棒グラフは左に縦軸があるので、棒の向きは左から右です。

f:id:waenavi:20180925230323j:plain


これを男だけ反転させるには第2軸にします。

f:id:waenavi:20180925230326j:plain

 

グラフの種類を変更をします。[組み合わせ]で、男を集合横棒の第2軸、女を集合横棒にします。

f:id:waenavi:20180925230328j:plain

 

上に第2数値軸が表示されますので、これを反転します。

f:id:waenavi:20180925230331j:plain


さらに、最小値-2500、最大値2500、目盛間隔500に設定します。

f:id:waenavi:20180925230336j:plain


これを下の数値軸も同じように設定します。

f:id:waenavi:20180925230338j:plain


さらに、表示形式を数値にして、カッコのついた黒い数字にします。マイナスの値がかっこのついた黒い文字になります。

f:id:waenavi:20180925230342j:plain

 

かっこを無くします。

f:id:waenavi:20180925230344j:plain


追加のボタンを押します。かっこがなくなります。

f:id:waenavi:20180925230347j:plain

 

第2軸のラベルをなしにします。凡例を右にします。

f:id:waenavi:20180925230349j:plain

 

縦軸のラベルが見にくくなっているのは、グラデーションを使うなどして工夫します。

f:id:waenavi:20180925230351j:plain

 

系列を選択します。要素の間隔を0にします。

f:id:waenavi:20180925230355j:plain


枠線を白色にします。これで完成です。

f:id:waenavi:20180925230358j:plain


解説(2)

設問(1)のグラフで、棒グラフの方向を逆にするのに、第2数値軸を反転させましたが、そのほかに、男をマイナスにするという方法もあります。

f:id:waenavi:20180925231027j:plain

 

1列挿入して、マイナスをつけます。

f:id:waenavi:20180925231029j:plain

 

積み上げ横棒グラフを挿入します。

f:id:waenavi:20180925231031j:plain

 

マイナスの文字を黒くするのは、設問(1)と同じです。これで完成です。

f:id:waenavi:20180925231034j:plain


解説(3)

設問(2)とは逆に、女をマイナスにするという方法もあります。

f:id:waenavi:20180925231223j:plain


数値軸を選択して、軸を反転します。

f:id:waenavi:20180925231357j:plain

 

表示形式でマイナスを無くします(赤い文字のまま)。これで完成です。

f:id:waenavi:20180925231400j:plain


解説(4)

横軸の最大値は2500、目盛間隔は500です。

f:id:waenavi:20180925232116j:plain


真ん中をあけるときに、目盛りを揃える必要があるため、1目盛りの500だけあけます。

f:id:waenavi:20180925232118j:plain


このとき、上の軸は最大値2500、最小値は -3000となります。

f:id:waenavi:20180925232121j:plain


下の軸も最小値が -3000となります。

f:id:waenavi:20180925232124j:plain

 

グラフツールで第2横軸を選択します。

f:id:waenavi:20180925232126j:plain


ラベルが非表示になっているので、これを表示します。

f:id:waenavi:20180925232129j:plain

 

最小値が -2500になっているのを -3000にします。

f:id:waenavi:20180925232131j:plain


マイナスの数を表示しないようにするには、表示形式を数値にして、セミコロンのあとを消します。

f:id:waenavi:20180925232133j:plain

 

下の数値軸も最小値を -3000にします。表示形式も同じようにマイナスを消します。

f:id:waenavi:20180925232136j:plain


解説(5)

左右が2500で、目盛間隔が500、ラベルの部分が500です。

f:id:waenavi:20180925233023j:plain


積み上げ棒グラフで書く場合、フローティング横棒グラフ(ガントチャート)と同じように、左側の透明な系列と、あいだの500の部分が必要です。

f:id:waenavi:20180925233025j:plain


このとき、最大値は5500となります。

f:id:waenavi:20180925233029j:plain

 

2列挿入します。2500からひきます。

f:id:waenavi:20180925233030j:plain


500を入力します。

f:id:waenavi:20180925233033j:plain

 

積み上げ横棒グラフを挿入します。

f:id:waenavi:20180925233036j:plain

 

数値軸の表示を変えるには、数値軸に表示したいラベルを入力しておきます。

f:id:waenavi:20180925233038j:plain

f:id:waenavi:20180925233043j:plain


隣に1列空白の列を用意します。

f:id:waenavi:20180925233045j:plain


これをコピーします。

f:id:waenavi:20180925233048j:plain

 

グラフに形式を選択して貼り付けます。

f:id:waenavi:20180925233050j:plain


新しい系列として、先頭の列を項目列として使用します。

f:id:waenavi:20180925233052j:plain


系列が1つ増えました。

f:id:waenavi:20180925233835j:plain

 

グラフの種類を変更します。すべて積み上げ横棒グラフにしますが、先ほど追加した系列(系列5)だけ折れ線にします。

f:id:waenavi:20180925233837j:plain


このとき、積み上げ横棒が自動的に第2軸になっていることに注意します。

f:id:waenavi:20180925233840j:plain

 

これで、下の数値軸を変えられます。

f:id:waenavi:20180925233843j:plain

 

積み上げ横棒グラフの数値軸を変えるには、表をコピーして折れ線グラフを重ねます。

f:id:waenavi:20180925233846j:plain


このとき、もとの積み上げ横棒グラフが第2軸となり、数値軸が上に移動します。

f:id:waenavi:20180925233850j:plain

 

第2縦軸を追加します。もとの積み上げ棒グラフの項目軸は、第2縦軸となります。

f:id:waenavi:20180925233852j:plain

 

上にある第2横軸を選択します。最小値0、最大値5500(2500+2500+500)、目盛間隔500、縦軸との交点3000、ラベルなしとします。

f:id:waenavi:20180925234416j:plain

 

下にある横軸を選択します。軸位置を目盛にします。

f:id:waenavi:20180925234418j:plain

 

左の縦軸をラベルをなしにします。真ん中の縦軸は目盛りをなしにします。

f:id:waenavi:20180925234420j:plain

 

目盛り線は横の目盛り線を無くして、その代わりに第2軸の縦の目盛線を入れます。

f:id:waenavi:20180925234423j:plain


最後に塗りつぶしをなしにします。これで完成です。

f:id:waenavi:20180925234425j:plain

 


解説は以上です。 


動画版はこちら(無料)

この記事は、わえなび実力養成講座「Excel新演習5」Program 5-19、5-19-2 の2本のYoutube動画を書き起こしたものです。

ちなみに、Excelのグラフの動画は全部で56本あります。すべて無料公開しています。ぜひご覧ください。

 


Youtube わえなび公式チャンネル
http://www.youtube.com/c/waenavijp

チャンネル登録(無料)をすると最新の動画をチェックできます。
初心者向けの動画が大量にあります。

 

 

 

 

 

Copyright(C)2018 waenavi, All rights reserved. [www.waenavi.com 定礎 平成30年8月]