わえなび ワード&エクセル問題集

ワードとエクセルの練習問題の動画を「Youtube」で無料公開しています

【Word】封筒にテキストボックスを直接印刷する方法と注意点(返信用封筒)

Wordには差し込み印刷の機能があるので、封筒に宛て名(相手)を印刷することも可能です。しかし、実際には、ラベル印刷(シール印刷)または窓付き封筒を利用するのが一般的で、宛て名を封筒に直接印刷することはめったにありません。

f:id:waenavi:20181102093448g:plain

※窓付き封筒に合わせて印刷する方法について、詳しくは、わえなび「Word新演習2」Program2-8 の動画参照。

封筒に直接印刷するのは相手の住所ではなく、自分の名前や会社のほうが多いです。この場合、テキストボックスを使うと印刷位置をmm単位で調整できるので便利です。

そこで、今回は、自分の会社を印刷する事例として、返信用封筒とオリジナルの封筒づくりの2問を出題します。

f:id:waenavi:20181102101908j:plain

 

目次

問題文のあとに簡単な操作方法を解説していますが、静止画では、わかりにくいと思いますので、最後に動画を載せています。ぜひご覧ください。

 

1.返信用封筒を作る(長形3号)

問題

長形3号封筒の表(おもて)に、次の図のような印刷をしなさい。また、封筒印刷の時の注意点を述べなさい。

f:id:waenavi:20181101154230j:plain

 

解説

(1)封筒の種類

封筒には、長形(N形・ながかた)、角形(K形・かくがた)、洋形(Y形・ようがた)などがあります。それぞれ、1号、2号、3号などの大きさがあります。

f:id:waenavi:20181101154352j:plain

 

そのうち、長形3号は、縦長の封筒で定形郵便としてよく使われ、A4用紙を3つ折りにして入れる大きさです。

f:id:waenavi:20181101154442j:plain

f:id:waenavi:20181101180029j:plain

 

(2)Wordで作る

レイアウトタブ(ページレイアウトタブ)で、用紙のサイズを長形3号封筒にします。

f:id:waenavi:20181101180033j:plain 

 

縦書きのテキストボックスを入れます。

f:id:waenavi:20181101180036j:plain

 

テキストボックスを3つにして文字入力します。(ちなみに、自分宛てなので「様」でも「御中」でもなく「」です)

f:id:waenavi:20181101180043j:plain

 

枠線はなしにします。

f:id:waenavi:20181101180051j:plain

 

3つのテキストボックスを選択します。(テキストボックスの設定の仕方について、詳しくは、わえなびWord新演習Program2-3の動画参照)

f:id:waenavi:20181101180059j:plain

 

行グリッドの拘束を外します。(1ページの行数を指定時に文字を行グリッドに合わせる、のチェックを外す)

f:id:waenavi:20181101180104j:plain

 

上下左右の余白を0にします。

f:id:waenavi:20181101180113j:plain

 

中央揃えにします。

f:id:waenavi:20181101180125j:plain

 

これを封筒に印刷すれば完成です。しかし、いきなり封筒に印刷してはいけません

f:id:waenavi:20181101180127j:plain

 

(3)封筒をプリンタに手差しする

封筒と同じ大きさの紙(コピー用紙でよい)を用意して試し刷りをします。

f:id:waenavi:20181101180131j:plain

 

このとき、矢印を書いておき、プリンタの差す方向と印字される向き、表裏の関係を確認します。(Wordの画面と逆に印刷されることがあるので必ず確認する)

f:id:waenavi:20181101180137j:plain

 

また、プリンタのプロパティで、原稿サイズ出力サイズの両方が長形3号になっていることを確認します。

f:id:waenavi:20181101180140j:plain

 

なお、封筒印刷の設定の仕方はプリンタによって異なり、用紙種類、180度回転印刷、縦横原稿などといった設定が必要な場合があります。

f:id:waenavi:20181101180143j:plain

 

通常はプリンタに差したほう(=矢印を書いたほう)が上になって印刷されますが、多くのプリンタでは、「封筒で出力する」という設定をするだけで、自動的に上下を逆にして印刷する機能が備わっています。

f:id:waenavi:20181101180146j:plain

 

封筒印刷をするときには、試し刷りの段階で上下が逆に印刷されるように設定します。

f:id:waenavi:20181101180150j:plain

 

(4)上下を逆にして印刷する理由

ところで、封筒にはのりづけをするふたの部分があります。これをフラップといいます。

f:id:waenavi:20181101180153j:plain

 

フラップが開いている状態でプリンターに差すと紙詰まりになる恐れがあります。(紙を動かすためのローラーにフラップが引っかかるため)

f:id:waenavi:20181101180157j:plain

 

封筒を印刷するときには逆から入れて印刷するほうが安全です。このときフラップは開いておきます。上下逆に差して、上下逆に印刷します。

f:id:waenavi:20181101180200j:plain

 

2.オリジナルの封筒を作る(角形2号)

問題

角形2号封筒の下に、次のような印刷をしなさい。

f:id:waenavi:20181101180204j:plain 

<完成イメージ>

f:id:waenavi:20181101184422j:plain

 

解説

角形封筒は、定形外郵便になりますが、幅が広く、折り曲げてはいけないものを入れるのに適しています。

f:id:waenavi:20181101190121j:plain

 

特に、角形2号封筒はA4用紙を折ることなく入れることができる封筒です。

f:id:waenavi:20181101190129j:plain

 

さらに、A4のクリアファイルに入れても入る大きさです。

f:id:waenavi:20181101190132j:plain

 

ページレイアウトで、用紙のサイズを角形2号封筒にします。一覧にない場合は、その他の用紙サイズにします。

f:id:waenavi:20181101190135j:plain

 

幅を240mm、高さを332mmにします。これで角形2号封筒の大きさになります。

f:id:waenavi:20181101190139j:plain

 

改行を25個ぐらい入れておきます。(ページの下部にカーソルが置けるようにしておく)

f:id:waenavi:20181101190143j:plain

 

角丸四角形を挿入します。

f:id:waenavi:20181101190146j:plain

 

幅を約185mmにします。

f:id:waenavi:20181101190152j:plain

 

角丸四角形は、必ず角の半径を小さくします。

f:id:waenavi:20181101190156j:plain

 

塗りつぶしを白色、枠線を黒にして太くします。

f:id:waenavi:20181101190203j:plain

 

位置を、中央の下にします。

f:id:waenavi:20181101190206j:plain

 

改行を入れたことによって、カーソルを置いて選択を外すことができます。

f:id:waenavi:20181101190211j:plain

 

テキストボックスを入れます。

f:id:waenavi:20181101190214j:plain

 

このとき文字を太字にしてはいけません。特に、ゴシック体の文字は絶対に「太字」にしてはいけません

f:id:waenavi:20181101190218j:plain

 

枠線と塗りつぶしは「なし」にします。

f:id:waenavi:20181101190224j:plain

 

段落の画面で、行グリッド線の拘束を外します。

f:id:waenavi:20181101190227j:plain

 

画像を挿入します。(画像の挿入について詳しくはファンダメンタルWord Program10-2~10-3の動画参照)

f:id:waenavi:20181101190231j:plain

 

文字列の折り返しを前面にします。画像とテキストボックスの大きさや位置を変えて調節します。

f:id:waenavi:20181101190239j:plain

 

これで完成です。

f:id:waenavi:20181101190245j:plain

 


解説は以上です。


3.動画版はこちら(無料)

この記事は、わえなび実力養成講座「Word新演習2」Program 2-10のYoutube動画を書き起こして、加筆修正したものです。


ちなみに、テキストボックスとワードアートの動画は全部で26本あります。
すべて無料公開しています。ぜひご覧ください。

Word新演習2・テキストボックスの正しい使い方 - YouTube
https://www.youtube.com/playlist?list=PLRaY8kd5CoxM67TScBd319k0yhLzMsX3d

 


Youtube わえなび公式チャンネル
http://www.youtube.com/c/waenavijp

チャンネル登録(無料)をすると最新の動画をチェックできます。
初心者向けの動画が大量にあります。

 

 

 

 

 

Copyright(C)2018 waenavi, All rights reserved. [www.waenavi.com 定礎 平成30年8月]