わえなび ワード&エクセル問題集

当サイトはWordとExcelの実力を鍛える最高水準の特訓問題集です。リンクを張るのは自由です。みんなで勉強しましょう!

【Excel】1行または複数行おきに挿入、削除するには並べ替えをする

Excelの並べ替えには、昇順または降順にデータの順番を変えることの他に、同じグループをまとめるグループ化としての使い方があります。自分で任意にグループを決めて、データをまとめるときに使います(詳しくは、【Excel】並べ替えの昇順と降順、優先順位、グループ化、一部分だけの並べ替え - わえなび ワード&エクセル問題集)。

さらに、その使い方を応用すれば、行を挿入したり、任意の行を削除したりすることも簡単にできてしまいます。

そこで、今回は、並べ替えをグループ化として使う手法を簡単におさらいしたうえで、1行または複数行おきに行を挿入、削除する練習をしましょう。

※この問題の答えは最後に載せています。

f:id:waenavi:20181227000917j:plain

 

 

目次

1.サンプルのファイルはこちら

わえなび公式サイト(waenavi.jp)では、この記事で使用しているExcelのデータを無料で配布しています。ご自由にお使いください。「7-12」のサンプルファイル(ZIP)です。

ファンダメンタルExcel_Program 7. データベース | わえなび [waenavi] the Theory of Word-Excel

 

2.グループ化の復習

問題

次のリストについて、番付1と6、2と7、3と8、4と9、5と10が隣同士になるように並べ替えなさい。また、それぞれ勝ち数が多いほうが上になるようにしなさい。

f:id:waenavi:20181226225712j:plain

 

解説

1,2,3,4,5番の間に、6,7,8,9,10番を入れて交互になるようにするには、グループ化を使います。1から5をコピーします。これで5つのグループを作ったことになります。

f:id:waenavi:20181226230336j:plain

 

この列を含めて表を選択します。

f:id:waenavi:20181226230339j:plain

 

ユーザー設定の並べ替えで、グループの昇順にします。

f:id:waenavi:20181226230342j:plain

 

これで完成です。それぞれ、番付1から5の下に、6から10が入ります。それは、グループの番号が同じである場合(同順位の場合)、並べ替える前の上下関係が保持されるからです。

f:id:waenavi:20181226230346j:plain

 

5つのグループでそれぞれ勝ち数が多いほうが上になるようにするには、並べ替えの時に、レベルを追加します。次に優先されるキーとして「勝ち」の降順にします。

f:id:waenavi:20181226230348j:plain

 

これで完成です。勝ち数が多いほうが上になっています。

f:id:waenavi:20181226230352j:plain

 

3.奇数行と偶数行に分ける

問題

さきほどのリストについて、番付が奇数の力士を上、偶数の力士を下にしなさい。

f:id:waenavi:20181226225835j:plain


解説

今度はグループを、1,2,1,2,・・・とします。これで2つのグループを作ったことになります。

f:id:waenavi:20181226230745j:plain

 

昇順で並べ替えます。

f:id:waenavi:20181226230748j:plain

 

奇数の力士が上、偶数の力士が下になります。奇数の力士の順番が、1,3,5,7,9になるのは、並べ替える前の上下関係が1,3,5,7,9の順だったからです。

f:id:waenavi:20181226230752j:plain

 

このように繰り返しの数列を入力することで、1行おき、または、何行かおきにグループにすることができます。

f:id:waenavi:20181226230756j:plain

 

4.1行挿入と1行削除

問題

さきほどのリストについて、次の図のように、各行の下に1行挿入しなさい。また、挿入した行を削除しなさい。

f:id:waenavi:20181226225849j:plain

 

解説

このように、Ctrlキーを使って1行ずつ選択して、行を挿入することも可能です。

f:id:waenavi:20181226231311j:plain

 

しかし、行が多い時は選択するのが面倒です。

f:id:waenavi:20181226231315j:plain

 

そこで、1~10の連番をコピーして、さらに下に貼り付けます。

f:id:waenavi:20181226231318j:plain

 

表全部を範囲選択して、この列の昇順で並べ替えます。

f:id:waenavi:20181226231321j:plain

 

空白行が入ります。これで完成です。

f:id:waenavi:20181226231324j:plain

 

このように、1行おきに行を挿入するには、連番を入力して、それと同じものをさらに下にコピーします

f:id:waenavi:20181226231333j:plain

 

これを昇順で並べ替えます。

f:id:waenavi:20181226231335j:plain

f:id:waenavi:20181226231341j:plain

 

例えばリストが100行あった場合は、それと同じ100行分の空白行をあわせて、200行で並べ替えをします。

f:id:waenavi:20181226231612j:plain

 

1行おきに削除するときも、1行おきに選択して削除すればよいですが、行が多い時は選択するのが面倒です。そこで、削除せずに残す行だけ同じ文字列を入れて(フラグを立てる)、削除する行は空白にします。

f:id:waenavi:20181226231617j:plain

 

これで並べ替えをします。このとき昇順か降順かは問いません。

f:id:waenavi:20181226231620j:plain

 

昇順でも降順でも空白は下になります。

f:id:waenavi:20181226231627j:plain

 

あとは、下になった行をまとめて削除するだけです。

f:id:waenavi:20181226231630j:plain

 

1行おきに行の削除をするには残す行だけフラグを立てて並べ替えます。

f:id:waenavi:20181226231638j:plain

 

5.複数行挿入と複数行削除

問題

次の図のように、各行の下に3行挿入しなさい。また、挿入した行を削除しなさい。

f:id:waenavi:20181226232248j:plain

 

解説

連番をコピーします。

f:id:waenavi:20181226232650j:plain

 

さらに下に3回コピーします。これで、1番のグループは、1番目の力士と空白の3行です。

f:id:waenavi:20181226232654j:plain

 

これを全部選択します。並べ替えをします。

f:id:waenavi:20181226232656j:plain

 

これで完成です。

f:id:waenavi:20181226232923j:plain


3行ずつ消すには3行おきにフラグを立てます(オートフィル)。

f:id:waenavi:20181226233005j:plain

 

これを全部選択します。並べ替えをします。

f:id:waenavi:20181226233122j:plain

 

これで完成です。

f:id:waenavi:20181226233126j:plain

 

6.複数行ごとの挿入と削除

問題

次の図のように、2行おきに1行挿入しなさい。また、挿入した行を削除しなさい。

f:id:waenavi:20181226232328j:plain

 

解説

連番を入力しますが、その下には偶数だけ入力します。2ずつ増やします。

f:id:waenavi:20181226233130j:plain

 

これを全部選択します。並べ替えをします

f:id:waenavi:20181226233633j:plain

 

同じグループであれば空白行が下になります。それは並べ替える前に空白行が下にあったからです。

f:id:waenavi:20181226233636j:plain

 

2行おきに消すには、残す2行だけフラグを立てます。

f:id:waenavi:20181226233640j:plain

 

これを全部選択します。並べ替えをします。

f:id:waenavi:20181226233643j:plain

 

これでフラグを立てた行だけ残ります。

f:id:waenavi:20181226233646j:plain

 

7.チャレンジ問題

問題

セル範囲A1:C30に30個の文字列が入力されていたとする。これを移動して、次の図のE~G列のように斜めに並べるにはどうすればよいか?

f:id:waenavi:20181226234843j:plain

 

略解

並べ替えで2行ずつ空行を入れた後、F1とG1:G2を選択して、右クリック→挿入→下方向へシフト。

f:id:waenavi:20181226235342j:plain

 


解説は以上です。

*補足*
空白行の削除はジャンプ機能(空白セル選択)を使うことが多いですが、空白が選択できないことがあります(詳しくは、わえなびファンダメンタルExcel Program8-3-2の動画参照)。


8.動画版はこちら(無料)

この記事は、わえなびファンダメンタルExcel Program7-12 の動画の内容を書き起こし、加筆修正したものです。

わえなび

 

動画版(完全版)は、Youtubeにすべて無料で公開しております。ぜひ、ご覧ください。

ファンダメンタルExcel 7 データベース(全28回)【わえなび】 - YouTube
https://www.youtube.com/playlist?list=PLRaY8kd5CoxOnpijKZLSbMRv37GQXv1Ko 

 

 


Copyright(C)2018-2019 waenavi, All rights reserved. [www.waenavi.com 定礎 平成三十年八月]