わえなび ワード&エクセル問題集

当サイトはWordとExcelの実力を鍛える最高水準の特訓問題集です。リンクを張るのは自由です。みんなで勉強しましょう!

【Excel】比較演算でグループとしてのフラグを立てて並べ替えをする

Excelでリストを並べ替えるときにリスト全体を並べ替えるのではなく、小さいグループごとに並べ替える場合には、「グループ化としての並べ替え」が必要です。はじめから、分類や区分のようなグループを表すデータがあればよいですが、それが無い場合には「比較演算」を用いてグループを求めることができます。

そこで、今回は、比較演算子を用いてグループを設定しながら、グループごとに分けて並べ替える方法について出題します。

 

 

目次

問題文のあとに簡単な操作方法を解説していますが、静止画では、わかりにくいと思いますので、最後に動画を載せています。ぜひご覧ください。

1.比較演算子(復習)

比較演算(比較演算子)についてはこちらの記事をご覧ください。

 

2.比較演算子でグループ化できる

問題

次のリストで8勝以上の力士と7勝以下の力士に分けて、それぞれ四股名の50音順で並べ替えなさい。また、それぞれ番付の昇順にしなさい。

f:id:waenavi:20190908162816j:plain

 

解説

まずは、オーソドックスな方法で並べ替えます。勝ち数の降順にします。

f:id:waenavi:20190908164216j:plain

 

8勝以上の部分を選択して、四股名の昇順にします。

f:id:waenavi:20190908164221j:plain

f:id:waenavi:20190908164223j:plain

 

同じように、7勝以下の部分も選択して、四股名の昇順にします。

f:id:waenavi:20190908164227j:plain

 

それぞれ番付の昇順にするときも、それぞれ範囲選択して並べ替えます。

f:id:waenavi:20190908164238j:plain

f:id:waenavi:20190908164241j:plain

 

グループで分けるとき、比較演算子を使うと、簡単にグループを作ることができます。

f:id:waenavi:20190908164247j:plain

 

「=C2>=8」とします。勝ち数が8以上であることを表しています。

f:id:waenavi:20190908164251j:plain

 

TRUEとFALSEになります。

f:id:waenavi:20190908164257j:plain

 

この勝ち越しが最優先になります。TRUEが1で、FALSEが0ですから、TRUEを上にするには降順にします。

f:id:waenavi:20190908164301j:plain

 

勝ち越しの降順にして、四股名の昇順にします。

f:id:waenavi:20190908164306j:plain

 

これで、一度で並べ替えをすることができます。

f:id:waenavi:20190908164310j:plain

 

四股名を番付に変えると、それぞれのグループで番付の昇順になります。

f:id:waenavi:20190908164318j:plain

f:id:waenavi:20190908164322j:plain

 

3.フラグの再利用

問題

3行目以降のリストを次の指示に従って並べ替えなさい。

f:id:waenavi:20190908190957j:plain

 

(1)池に入った人と入らなかった人に分け、それぞれ受付Noの昇順にしなさい。

f:id:waenavi:20190908191019j:plain

 

(2)スコア5点以上と5点未満に分け、さらに、それぞれ池に入った人と入らなかった人に分けなさい。

f:id:waenavi:20190908191038j:plain

 

(3)「東京・横浜」と「大阪・福岡」に分け、それぞれスコアの降順にしなさい。

f:id:waenavi:20190908191058j:plain

 

(4)スコアがプラス、0、マイナスの3つのグループに分け、その中で、「東京・横浜」と「大阪・福岡」に分けなさい。

f:id:waenavi:20190908191120j:plain

 

解説

並べ替えをする前に、念のため、連番を振っておきます。

f:id:waenavi:20190908191146j:plain

 

(1)ゼロとそれ以外を分ける

1回で並べ替えるには、1回以上池に入った人をすべて同じグループにする必要があります。池ボチャ回数を参照して、「=0」とします。

f:id:waenavi:20190908191317j:plain

 

オートフィルをします。これでゼロとそれ以外に分けられます。

f:id:waenavi:20190908191320j:plain

 

これの昇順にして、さらに受付ナンバーの昇順にします。

f:id:waenavi:20190908191324j:plain

 

これで完成です。

f:id:waenavi:20190908191329j:plain

 

(2)フラグ

スコアを参照して、「>=5」とします。

f:id:waenavi:20190908191503j:plain

 

オートフィルをします。この列を最優先にして、さらに池に入った人と入らなかった人に分けます。これは設問(1)で立てたフラグが使えます。昇順か降順かは問いません。

f:id:waenavi:20190908191508j:plain

 

これで完成です。

f:id:waenavi:20190908191513j:plain

 

このように以前立てたフラグが後日再利用できることがあります。

f:id:waenavi:20190908191520j:plain

 

(3)OR条件

東京または横浜の人にフラグを立てます。計算式はこのようになります。

f:id:waenavi:20190908191855j:plain

 

東京と横浜がダブルクォートで囲む必要があります。

f:id:waenavi:20190908191903j:plain

 

足し算をすると、TRUEは1、FALSEは0として扱われます(【Excel】IF関数が使えない原因は「比較演算」の練習不足である - わえなび ワード&エクセル問題集)。

f:id:waenavi:20190908191915j:plain

 

東京または横浜に該当する場合は、どちらかが1になるので足せば1になります。

f:id:waenavi:20190908191918j:plain

 

東京でも横浜でもない場合は、両方とも0になります。たしたら0です。

f:id:waenavi:20190908191920j:plain

 

オートフィルをします。これを使って、この列の降順にします。さらに、スコアの降順にします。

f:id:waenavi:20190908191924j:plain

 

これで完成です。

f:id:waenavi:20190908191930j:plain

 

(4)プラスとゼロとマイナスに分ける

プラスとゼロとマイナスに分けるには、「0より大きい」から「0より小さい」を引きます。

f:id:waenavi:20190908191940j:plain

 

プラスの場合は1-0、つまり、1になります。

f:id:waenavi:20190908191943j:plain

 

マイナスの場合は0-1、つまり、-1になります。

f:id:waenavi:20190908191946j:plain

 

オートフィルをします。これを使って、この列の降順にします。さらに、関東と西日本に分けますが、これは設問(3)のフラグがそのまま使えます。昇順か降順かは問いません。

f:id:waenavi:20190908191949j:plain

 

これで完成です。

f:id:waenavi:20190908191954j:plain

 

別解

SIGN関数を使うという方法があります。SIGN関数は、プラスの数とゼロとマイナスの数をそれぞれ1、0、ー1に変換します。

  • =SIGN(数値)

f:id:waenavi:20190908193528j:plain

 


解説は以上です。


4.動画版はこちら(無料)

この記事は、わえなび実力養成講座「ファンダメンタルExcel」Program 7-13のYoutube動画を書き起こして、加筆修正したものです。

 

 


Copyright(C)2018-2019 waenavi, All rights reserved. [www.waenavi.com 定礎 平成三十年八月]