わえなび ワード&エクセル問題集

ワードとエクセルの練習問題の動画を「Youtube」で無料公開しています

【Excel】本格的に学ぶフラグの立て方入門(関数は使いません)

Excelで「フラグ」と言えば、条件付き書式のフラグのことを言いますが、コンピュータの詳しい人が使う「フラグ」というのは少し意味が違います。

f:id:waenavi:20180917114351j:plain

並べ替えやフィルタなどのデータベース機能を使うときの重要な概念ですが、残念ながら、Excelで「フラグを立てる」ということを説明しているサイトや書籍をあまり見かけません。

そこで、今回は、いままで一度もフラグを立てたことがない初心者の皆さんのために、その考え方をしっかりと学んでいただきます。難しい関数は一切使いませんのでご安心ください。

 

※これはイメージです

f:id:waenavi:20180917140939j:plain

 

目次

問題文のあとに簡単な操作方法を解説していますが、静止画では、わかりにくいと思いますので、最後に動画を載せています。ぜひご覧ください。

 

0.準備文書

この記事では、Excel文書「fx7-11-a1.xlsx」を使って解説します。わえなび公式サイトで配布しておりますので、ご自由にお取りください。「7-11」のサンプルファイル(ZIP)です。

http://waenavi.jp/htm/fx7.html

waenavi.jp

 

1.目印をつけてみよう

問題

次のリストについて各設問の操作をしなさい。

f:id:waenavi:20180917120426j:plain

(1)勝った数の多い3人に〇印をつけなさい。また、リストを四股名の50音順にしなさい。
(2)勝った数の多い3人とそれ以外の7人に分け、それぞれ番付の昇順にしなさい。

 

解説(1)

勝ち数の降順にします。

f:id:waenavi:20180917121920j:plain


最初の3人に〇印をつけます。

f:id:waenavi:20180917121923j:plain


この列を含めて表を選択します。今度は、四股名の昇順で並べ替えます。

f:id:waenavi:20180917121925j:plain

 

これで完成です。

f:id:waenavi:20180917121927j:plain

 

解説(2)

勝った数の多い3人には、〇印がついていますから、F列で並べ替えをします。このとき昇順でも降順でも構いません。

f:id:waenavi:20180917122033j:plain


さらに、番付の昇順にします。

f:id:waenavi:20180917122035j:plain


3人と7人のグループに分かれます。そして、それぞれ番付の昇順になります。

f:id:waenavi:20180917122252j:plain

 

並べ替えをすると、同じ値のものがグループとしてかたまりになります。これを「グループ化」といいます。グループがなければ、自分で1列増やして独自のグループを作ります。

f:id:waenavi:20180917122254j:plain

 

このように同じ値を入れて、それを目印にしてグループ化する手法を「フラグ」といいます。フラグを立てておくと、後で再利用することもできます。

f:id:waenavi:20180917122257j:plain

 

目印としてフラグを立てた場合、並べ替えで、昇順にしても降順にしても、目印を付けたものが上、空白の行は下になります。

f:id:waenavi:20180917122300j:plain

 

2.フラグの本数と削除フラグ

問題

先ほどの表で、番付2,7,9の力士を除外して、四股名の50音順にしなさい。
また、番付2の力士を除外対象から外して、もう一度並べ替えなさい。

f:id:waenavi:20180917122302j:plain

 

解説

除外する力士を指定するときもフラグを使います。すべてに0を入れておきます。
これは除外している力士がいないことを表しています。

f:id:waenavi:20180917124240j:plain


2番、7番、9番の力士を1にします。
これで除外する力士が3人になります。

f:id:waenavi:20180917124243j:plain

 

この列を含めて、表を全部選びます。除外の昇順、四股名の昇順にします。

f:id:waenavi:20180917124245j:plain


これで完成です。

f:id:waenavi:20180917124248j:plain

 

フラグの立て方はいろいろありますが、0と1を使う方法があります。

f:id:waenavi:20180917124251j:plain


全部に0を入れて、フラグを立てるときに1に変えます。

f:id:waenavi:20180917124254j:plain


合計を出せばフラグが何本立っているかがわかります。

f:id:waenavi:20180917124256j:plain

 

3人の力士が下になっています。このうち、2番の力士のフラグを0にします。

f:id:waenavi:20180917124259j:plain


表全部を選んで、もう一度並べ替えをします。

f:id:waenavi:20180917124426j:plain


2番の力士が復活しました。

f:id:waenavi:20180917124429j:plain

 

このようにリストから除外するためにフラグを立てることがあります。これを、「削除フラグ」といいます。削除フラグを立てて、昇順で並べ替えます。

f:id:waenavi:20180917124431j:plain

 

データを削除すると復活しないので、もう一度同じデータを入力しなければなりません。

f:id:waenavi:20180917124434j:plain


しかし、削除フラグを使えば、それを外すだけで復活します。

f:id:waenavi:20180917124436j:plain

 

このように削除フラグを立てて、一覧から除外することを論理削除と言います。削除とはいっても完全に消しているわけではありません。

復帰する可能性が絶対にない場合や、邪魔になる場合は、削除フラグを立てるのではなく、データを完全に削除します(これを物理削除という)。このとき、削除するデータは、念のため、バックアップとして別のシートにコピーしておきます。

 

3.グループ化を用いて並べ替える

問題

次のリストについて各設問の操作をしなさい。

f:id:waenavi:20180917120426j:plain


(1)番付1と6、2と7、3と8、4と9、5と10が隣同士になるように並べ替えなさい。
(2)番付が奇数の力士を上、偶数の力士を下にしなさい。

 

解説(1)

1,2,3,4,5番の間に、6,7,8,9,10番を入れて交互になるようにするには、グループ化を使います。1から5をコピーします。5種類のフラグを立てたのと同じです。

f:id:waenavi:20180917125659j:plain

 

この列を含めて表を選択します。グループの昇順にします。

f:id:waenavi:20180917125942j:plain

 

これで完成です。それぞれ、1から5の下に、6から10が入ります。並べ替える前の上下関係が保持されるからです。

f:id:waenavi:20180917125945j:plain

 

解説(2)

今度はグループの入力の仕方を、1,2,1,2,・・・とします。

f:id:waenavi:20180917130203j:plain

 

昇順で並べ替えます。

f:id:waenavi:20180917130205j:plain


奇数の力士が上、偶数の力士が下になります。奇数の力士の順番が、1,3,5,7,9になるのは、並べ替える前の上下関係がそのようになっていたからです。

f:id:waenavi:20180917130208j:plain

 

このように繰り返しの数列を入力することで、1行おき、または、何行かおきにグループにすることができます。

f:id:waenavi:20180917130210j:plain

  

4.フラグとは何か

数字を使ってグループ化をする手法には、1と0だけしか使わない場合と、いろんな数字を用いる場合があります。厳密には、2種類しかない場合を「フラグ」といい、3種類以上の場合を「区分」といいます。いわゆる「YES/NOまくら」はフラグです。

f:id:waenavi:20180917133042j:plain

フラグを「1」にすることを「フラグを立てる」といい、英語ではYESを表します。これでフラグの本数が増えます。フラグを「0」にすることによってフラグの本数が減ります。ただし、Excelの場合は、フラグを立てるときに「1」「0」を使っても分からない初心者もいるので、〇印などの記号の有無で表現しても業務上差し支えはありません。

 

5.比較演算子で並べ替える

問題

次のリストで8勝以上の力士と7勝以下の力士に分けて、それぞれ四股名の50音順で並べ替えなさい。また、それぞれ番付の昇順にしなさい。

f:id:waenavi:20180917120426j:plain

 

解説

比較演算子を使うと、簡単にグループを作る(フラグを立てる)ことができます。

f:id:waenavi:20180917134951j:plain

 

「=C2>=8」と入力します。勝ち数が8以上であることを表しています。

f:id:waenavi:20180917135349j:plain

 

TRUEとFALSEになります。

f:id:waenavi:20180917135352j:plain

 

この勝ち越しが最優先になります。TRUE=1で、FALSE=0ですから、TRUEを上にするには降順にします。

f:id:waenavi:20180917135354j:plain


勝ち越しの降順にして、四股名の昇順にします。これで、一度で並べ替えをすることができます。

f:id:waenavi:20180917135357j:plain

 

四股名を番付に変えると、それぞれのグループで番付の昇順になります。

f:id:waenavi:20180917135401j:plain

f:id:waenavi:20180917135404j:plain 

 

www.waenavi.com

 

6.フラグによる抽出

問題

次の表で、3教科のうち1つでも95点以上をとった人を抽出しなさい。

f:id:waenavi:20180917135546j:plain

 

解説

3教科のうち1つでも95点を取った人を抽出するということは、このとき、抽出されなかった人は、3教科とも95点をとれていません。

f:id:waenavi:20180917140304j:plain 

 

そこで、3教科とも95点未満の人を抽出します。

f:id:waenavi:20180917140307j:plain 


7人です。この人たちにマークを付けます。

f:id:waenavi:20180917140309j:plain

 

いったんオートフィルタを解除します。もう一度オートフィルタを設定しなおします。マークのついていない人を抽出します。

f:id:waenavi:20180917140312j:plain


これで完成です。

f:id:waenavi:20180917140314j:plain

 

別解

95点をとれたかどうかは比較演算子を使って計算することもできます。英語が95以上、数学が95以上、理科が95以上の式をすべてたします。

f:id:waenavi:20180917140316j:plain

 

95点以上の科目数になります。

f:id:waenavi:20180917140321j:plain


0以外を抽出して完成です。

f:id:waenavi:20180917140318j:plain

f:id:waenavi:20180917141514j:plain

 


解説は以上です。
これで、未経験だったあなたにも、経験済のフラグが立ちました。

*補足意見*
行をグレーで塗りつぶして論理削除を表している例をたまに見かけますが、これも間違いです。削除フラグを立てて、それを条件として条件付き書式で行を塗りつぶすべきです。


7.動画はこちら(無料)

この記事は、わえなび実力養成講座「ファンダメンタルExcel」Program 7-11、7-12 の2本のYoutube動画を書き起こして、加筆修正したものです。

www.youtube.com

www.youtube.com

 


Youtube わえなび公式チャンネル
http://www.youtube.com/c/waenavijp

チャンネル登録(無料)をすると最新の動画をチェックできます。
初心者向けの動画が大量にあります。

 

 

 

 

 

Copyright(C)2018 waenavi, All rights reserved. [www.waenavi.com 定礎 平成30年8月]