わえなび ワード&エクセル問題集

ワードとエクセルの練習問題の動画を「Youtube」で無料公開しています

文字を縦横に引き伸ばす方法とテキストボックスの回転、反転、変形(Word_Excel_PowerPointワードアート)

ワードアート(テキストボックス)は色を変えたり形を変えたり向きを変えたり、また、それらを組み合わせることによってさまざまな表現をすることができます。

f:id:waenavi:20181109185550g:plain

しかし、実際には、色を変える頻度は多いですが、変形や回転をする機会はそんなに無いです。文字が変に曲がっているよりも変形していないほうが読みやすいし、斜めに傾いているよりもまっすぐのほうが読みやすいからです。

変形や回転を使うのは、作成する文書の性質上やむを得ずしなければいけない状況だったり、レタリングとして変形したほうがよい場合に限られます。今回は、変形と回転の機能のうち、比較的よく使うものを紹介します。

 

目次

問題文のあとに簡単な操作方法を解説していますが、静止画では、わかりにくいと思いますので、最後に動画を載せています。ぜひご覧ください。

 

1.縦横の文字を伸縮させる

問題

次の図は、アルファベットの文字列「ABCDEFGH」を、テキストボックス(ワードアート)で入力した様子を表している。

f:id:waenavi:20181109103020j:plain

サイズを変えたときにそれに合わせて文字列の形が変わるように設定しなさい。

f:id:waenavi:20181109105229j:plain

f:id:waenavi:20181109105630j:plain

 

解説

テキストボックスを選択します。

f:id:waenavi:20181109110553j:plain

 

文字の効果、「変形」の中から「四角」を選びます。

f:id:waenavi:20181109110556j:plain

 

テキストボックスの形に合わせて、文字が変形します。

f:id:waenavi:20181109110559j:plain

 

テキストボックスの大きさに合わせて文字列の大きさを変えるには「四角」の変形をします。ワードアートの変形は、「四角」が基本です。

f:id:waenavi:20181109110605j:plain

 

ここからの操作はWordのみです。ExcelやPowerPointは不要です。】

文字列の最後にある記号は、改行の記号です。

f:id:waenavi:20181109110608j:plain

 

これは印刷されませんが、変形の妨げになります。

f:id:waenavi:20181109110612j:plain

 

改行の記号を選択します。

f:id:waenavi:20181109110615j:plain

 

1ポイントにして、改行の記号が目立たないようにしておきます。

f:id:waenavi:20181109110619j:plain

f:id:waenavi:20181109110623j:plain

 

テキストボックスに対して変形をするときは、かならず改行の記号を1ポイントにしておきます。

f:id:waenavi:20181109110626j:plain

 

2.変形と回転を設定する

問題

さきほどの問題で作成したテキストボックスを次のように編集しなさい。

f:id:waenavi:20181109105611j:plain


解説

テキストボックスの外枠をクリックします。テキストボックスが選択されていることに注意します。

f:id:waenavi:20181109111738j:plain

 

変形のハンドルはバージョンによって黄色またはピンクで表示されます。

f:id:waenavi:20181109111745j:plain

 

これを動かすことによって変形の度合いを調節することができます。

f:id:waenavi:20181109111741j:plain

 

特に、四角の変形の場合、黄色のハンドルを動かすと文字が斜めになります。

f:id:waenavi:20181109111751j:plain

 

黄色のハンドルを横に動かすことで傾きが変わります。

f:id:waenavi:20181109111757j:plain

 

極太のゴシック体にします。

f:id:waenavi:20181109111801j:plain

 

ABCDだけ文字を大きくします。

f:id:waenavi:20181109111804j:plain

 

ABCDは大きくなり、EFGHは小さくなります。

f:id:waenavi:20181109111808j:plain

 

変形をしたまま、回転することも可能です。

f:id:waenavi:20181109111811j:plain

 

文字の塗りつぶしと輪郭を変えます。

f:id:waenavi:20181109111814j:plain

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

3.変形と回転の解除

問題

さきほどの問題で設定した変形を解除しなさい。

f:id:waenavi:20181109105556j:plain


解説

テキストボックスの外側をクリックします。文字の効果、「変形」の中から「変形なし」を選びます。

f:id:waenavi:20181109111951j:plain

 

これで変形は解除になりますが、回転や書式はそのまま残ります。変形と回転と書式はそれぞれ別々の設定で、解除も別々です。

f:id:waenavi:20181109112002j:plain

 

4.変形と回転と3D回転

問題

変形と3D回転でどのように形が変わるか確認しなさい。

f:id:waenavi:20181109105427j:plain

 

解説
これは、36通りの変形をするとどのような図形になるかを表しています。参考までにご覧ください。

f:id:waenavi:20181109124040j:plain

f:id:waenavi:20181109124046j:plain

 

さらに、変形をした状態で、3D回転をすることで文字の向きを変えることができます。

f:id:waenavi:20181109124224j:plain

 

このように変形と回転と3D回転を組み合わせることによって様々な形に変えることができます。

f:id:waenavi:20181109185550g:plain

 

5.3D回転の練習

問題

4つのテキストボックスがある。次のように変形しなさい。

f:id:waenavi:20181109132000j:plain

 

解説

左の2つは左に行くほど小さくなっています。

f:id:waenavi:20181109132003j:plain

 

右の2つは右に行くほど小さくなっています。

f:id:waenavi:20181109132009j:plain

 

そして、上の線または下の線がほぼ水平になっています。

f:id:waenavi:20181109132012j:plain

 

左の2つを選択します。

f:id:waenavi:20181109132019j:plain

 

フェードレフトにします。

f:id:waenavi:20181109132015j:plain

 

右の2つをフェードライトにします。

f:id:waenavi:20181109132021j:plain

 

変形のハンドルを動かしても、目的の変形ができません。

f:id:waenavi:20181109132024j:plain

 

この場合は3D回転をします。左上と右下を選択して3D回転します。

f:id:waenavi:20181109132027j:plain

 

右上と左下も同時に選択して、3D回転をします。

f:id:waenavi:20181109132030j:plain

 

これで完成です。

f:id:waenavi:20181109132033j:plain

 

6.図形に合わせて変形する

問題

次の図を作りなさい。

f:id:waenavi:20181109124902j:plain

 

解説

平行四辺形をかきます。

f:id:waenavi:20181109124905j:plain

 

塗りつぶしを白色にします。

f:id:waenavi:20181109124908j:plain

 

テキストボックスを挿入します。

f:id:waenavi:20181109124911j:plain

 

改行の記号を選択して1ポイントにします(Wordのみ)。

f:id:waenavi:20181109124914j:plain

 

塗りつぶしをなしにします。枠線をなしにします。

f:id:waenavi:20181109124917j:plain

 

文字の効果、「変形」の中から「四角」を選びます。

f:id:waenavi:20181109124920j:plain

 

黄色のハンドルで変形します。できるだけ平行四辺形の斜めの線と同じ傾きになるようにします。幅を調節します。

f:id:waenavi:20181109124924j:plain

 

2つの図形を選択します。上向きにコピーをして重ねます。

f:id:waenavi:20181109124927j:plain

 

数字を変えます。これで完成です。

f:id:waenavi:20181109124930j:plain

 

7.テキストボックスの文字列の反転

問題

次のテキストボックスがある。

f:id:waenavi:20181109125221j:plain

(1)180度回転しなさい。

f:id:waenavi:20181109125352j:plain

(2)左右反転しなさい。また、上下反転しなさい。

f:id:waenavi:20181109125359j:plain

 

解説

回転させる場合は回転ハンドルを使います。

f:id:waenavi:20181109125921j:plain

 

Shiftキーを用いて180度回転します。これで完成です。

f:id:waenavi:20181109125926j:plain

 

描画ツールの中に、回転の上下反転と左右反転があります。

f:id:waenavi:20181109125930j:plain

 

しかし、バージョンによっては、反転がうまくいかない場合や、印刷した時に反転した文字が元に戻ることがあります。テキストボックスの場合は上下反転、左右反転を使ってはいけません。

f:id:waenavi:20181109125937j:plain

 

塗りつぶしをなしにします。

f:id:waenavi:20181109125940j:plain

 

図形の効果の中の、3D回転で3D回転のオプションを開きます。

f:id:waenavi:20181109125943j:plain

 

X方向、つまり、横方向の回転を180度にします。これで左右反転になります。

f:id:waenavi:20181109125946j:plain

 

今度は、Y方向、つまり、縦方向の回転を180度にします。これで上下反転になります。

f:id:waenavi:20181109125953j:plain

 

左右反転や上下反転をするには、図形の3D回転で180度回転します。X方向が左右反転、Y方向が上下反転です。

f:id:waenavi:20181109125956j:plain

 


解説は以上です。 


.動画版はこちら(無料)

この記事は、わえなび実力養成講座「Word新演習2」Program 2-14、2-14-2 のYoutube動画を書き起こして、加筆修正したものです。

ちなみに、テキストボックスとワードアートの動画は全部で26本あります。
すべて無料公開しています。ぜひご覧ください。

Word新演習2・テキストボックスの正しい使い方 - YouTube
https://www.youtube.com/playlist?list=PLRaY8kd5CoxM67TScBd319k0yhLzMsX3d

 


Youtube わえなび公式チャンネル
http://www.youtube.com/c/waenavijp

チャンネル登録(無料)をすると最新の動画をチェックできます。
初心者向けの動画が大量にあります。

 

 

 

 

 

Copyright(C)2018 waenavi, All rights reserved. [www.waenavi.com 定礎 平成30年8月]