わえなび ワード&エクセル問題集

ワードとエクセルの練習問題の動画を「Youtube」で無料公開しています

【Word】3分以内でオリジナルのレポート用紙(便箋)を作る方法

f:id:waenavi:20180902180233j:plain

 

みなさんは、適当なレポート用紙(ルーズリーフ、ノート、便箋)が無かったらどのように対処しますか?オリジナルのレポート用紙を作りたいときはどうしますか?

Wordを使い慣れている人であれば、「サクッとWordで作ればいいじゃないか」と考えますが、一般の人は「Word=文字入力」という発想しかないので、市販の便箋で我慢しているのではないでしょうか?

そこで、今回は、わざわざコンビニに行かなくても、簡単に、3分以内でレポート用紙が作れる方法を解説します。

 

目次

問題文のあとに簡単な操作方法を解説していますが、静止画では、わかりにくいと思いますので、最後に動画を載せています。ぜひご覧ください。

 

 

1.点線・30行のレポート用紙

問題

次の条件でWord文書を作成しなさい。なお、目標作成時間は60秒以内とする。

  1. A4用紙で、余白は上下左右20mmとする
  2. 点線で30行書けるレポートの下に団体名を入れる

f:id:waenavi:20180902114900j:plain

 

解説

まずは、ページ設定です。(ページ設定について、詳しくはファンダメンタルWord Program 3-2 の動画参照)

f:id:waenavi:20180902115248j:plain

 

レポート用紙は通常よりも余白を少なくします。余白を上下左右20mmにします。なお、ファイリングをする場合にはとじしろで調整します。

f:id:waenavi:20180902115417j:plain

 

次に線を引きます。たくさんの横線を引くときには、表を使うと便利です。(挿入タブー表ー表の挿入(I)...)

f:id:waenavi:20180902115645j:plain

 

30行1列の表を挿入します。行数が多いので、画面を出して指定します。

f:id:waenavi:20180902115842j:plain

 

次に、表の下に団体名を入力して中央揃えにします。用紙の下があいています。

f:id:waenavi:20180902115901j:plain

 

行を等間隔にしたまま、表を縦に伸ばすには、表の下の線を下げます。これで表全体の大きさが確定します。そして、全部選んで、行の高さを揃えます。

f:id:waenavi:20180902120740j:plain

 
用紙いっぱいに表をかく場合、表の一番下の線をドラッグで下に動かします。最後の団体名が用紙の最終ラインにくるように動かします。(ぎりぎりにせず、何ミリか余裕がある方が良い)

f:id:waenavi:20180902120117j:plain


そして、表全体を選択して行の高さを揃えます。(行の高さについて、詳しくはファンダメンタルWord Program 7-2 の動画参照)

f:id:waenavi:20180902120247j:plain


さらに、表全体を選択したまま、「線種とページ罫線と網掛けの設定」の画面を出します。(線種とページ罫線と網掛けの設定について、詳しくはファンダメンタルWord Program 7-6 の動画参照)

f:id:waenavi:20180902121110j:plain

 

横が点線で、縦が罫線なしにします。ここで、一番上にも点線を引くかどうかを決めます。

f:id:waenavi:20180902121332j:plain


これで完成です。団体名の部分を変えるとオリジナルのレポート用紙が作れます。

f:id:waenavi:20180902121455j:plain

 

2.行数を増やす

問題

さきほど30行で作ったレポート用紙について、行数を35行に増やしなさい。
なお、目標作成時間は20秒以内とする。

 

解説

表全部を選びます。

f:id:waenavi:20180902122109j:plain

 

セルの分割のボタンを押します。

f:id:waenavi:20180902122111j:plain


ここで改めて、35行1列を指定します。「分割する前にセルを結合する」にチェックが入っています。つまり、30行の表を、いったん全部結合して、あらためて35分割するということです。

f:id:waenavi:20180902122113j:plain


35行になりました。

f:id:waenavi:20180902122359j:plain

 

用紙の下が開いている場合は、先ほどと同じように表を大きくして、行の高さを揃えます。

f:id:waenavi:20180902122517j:plain

 

3.行数を減らす

問題

さきほど35行に増やしたレポート用紙について、行数を25行に減らしなさい。
なお、目標作成時間は20秒以内とする。

 

解説

同じように表全部を選んで、行数を25にすれば25行になります。

f:id:waenavi:20180902122621j:plain

 

別解

ところで、35行から25行になるということは、10行 減らすということです。そこで、11行選択して、セルの結合をします。

f:id:waenavi:20180902122812j:plain


表全体の行の高さを揃えます。

f:id:waenavi:20180902122903j:plain

 

レポート用紙の行を増やす、または減らす場合には、表全体を選んでセルの分割をします。このとき分割する前にセルの結合をします。なお、行を減らすときに、(減らす行数+1)行を結合してから、行の高さを揃えるという方法もあります。行数の増減の結果、用紙の下が開いたときは表を大きくして、行の高さを揃えます。

f:id:waenavi:20180902123244j:plain

 

4.氏名記入欄付きレポート用紙

問題

完成イメージを参考にして、自由にレポート用紙を作成しなさい。(自分の好みのレポート用紙を作成する)なお、制限時間は150秒とする。

※用紙の上にタイトル・サブタイトル・氏名記入欄

f:id:waenavi:20180902123754j:plain

※用紙の下に団体名

f:id:waenavi:20180902123756j:plain

 

解説(作成例)

まず、余白を狭くします(A4用紙の場合は20mm程度が良い)。

f:id:waenavi:20180902125905j:plain


次に、タイトルと氏名を記入する欄を用意します。1行3列の表を用意します。(表の挿入について、詳しくはファンダメンタルWord Program 7-1 の動画参照)

f:id:waenavi:20180902130113j:plain


列幅を適当に調節します。左上のセルを選択します。

f:id:waenavi:20180902130345j:plain

 

上下と左の線を消します。

f:id:waenavi:20180902130347j:plain

 

1行空けます。

f:id:waenavi:20180902130349j:plain

 

25行から35行程度で行数を決めて、表を挿入します。

f:id:waenavi:20180902130354j:plain


タイトルの文字を大きくします。

f:id:waenavi:20180902130920j:plain


表の下に団体名を入れて、表を広げます。行の高さを揃えます。

f:id:waenavi:20180902131300j:plain

f:id:waenavi:20180902130922j:plain

 

縦の線を消します。上の線を残すか消すかは任意です。

f:id:waenavi:20180902131258j:plain

 

実際にプリントアウトして、レポート用紙として書きやすいかどうかを確認します。
行数を減らしたり増やしたりして調節します。タイトルを大きくすると、2ページ目に突入します。

f:id:waenavi:20180902131758j:plain

f:id:waenavi:20180902131801j:plain


2ページになってしまった場合は、表の行を、何行かバッサリ削除してから、表の大きさと行数を指定したほうが早いです。(表の行削除は、行選択→BackSpaceを使う。詳しくはファンダメンタルWord Program 7-2 の動画参照)

f:id:waenavi:20180902131804j:plain

f:id:waenavi:20180902132457j:plain

 

5.行番号をつける

問題

次の条件で文書を作成しなさい。なお、制限時間は100秒とします。

  1. A4用紙で上下左右の余白25mm
  2. 25行分の文章が書けるものとする
  3. 右側に、5行おきに行番号をつける

f:id:waenavi:20180902132715j:plain

f:id:waenavi:20180902132717j:plain


解説

ページ設定で余白を上下左右25mmとします。 f:id:waenavi:20180902132937j:plain


25行2列の表を用意します。行番号を入れるときはあらかじめ列数を2列にしておきます。

f:id:waenavi:20180902132940j:plain


次に、5行おきに行番号を入力します。

f:id:waenavi:20180902133126j:plain


下の線を下にドラッグして表を伸ばします。このとき、表の下には必ず改行がありますので、この改行記号が2ページ目に行かないように注意します(詳しくは後述)。

f:id:waenavi:20180902133408j:plain


行の高さを揃えます。

f:id:waenavi:20180902133128j:plain


表全体を選んで、線をなくします。

f:id:waenavi:20180902133313j:plain


1列目だけ選んで、横の線だけ引きなおします。

f:id:waenavi:20180902133316j:plain

 

横の線は実線、縦の線は無しにします。これで完成です。

f:id:waenavi:20180902133318j:plain

 

6.下の余白の調整

問題

プリントアウトして下の余白を計測したところ約31.5mmであった。下の余白を約25mmにするにはどうすればよいか。なお、制限時間は30秒以内とする。

 f:id:waenavi:20180902134016j:plain

 

解説

さきほどの問題で、余白を25ミリに設定したはずなのに、プリントアウトすると下の余白が約31.5mmであったというのは、最後に改行が残っているからです。

f:id:waenavi:20180902134301j:plain 


最終行には高さがあります。これを狭くします。段落の画面を出して、行グリッド線に合わせない設定にするか、行間を固定値にします。(行間と行の高さの調節について、詳しくはファンダメンタルWord Program 4-13 の動画参照)

f:id:waenavi:20180902134304j:plain

 

フォントサイズをものすごく小さくすることによって、行の高さが狭くなります。

f:id:waenavi:20180902134619j:plain


表を縦に伸ばします。これで下の余白に近づきます。

f:id:waenavi:20180902134716j:plain

 

別解

なお、ページ設定の下の余白を変えても問題ない場合は、下を6.5mm減らして、18.5mmにしてしまえば終わりです。

f:id:waenavi:20180902134749j:plain

 

7.総合演習:3分以内でレポート用紙を作る

問題

完成イメージを参考にして、文書を作成しなさい。なお、制限時間は3分以内とします。

※用紙の上にタイトル、横に行番号

f:id:waenavi:20180902135052j:plain

※用紙の下に氏名・得点記入欄

f:id:waenavi:20180902135056j:plain

 

解説

ページ設定で余白を狭くします。

f:id:waenavi:20180902140012j:plain


次に1つ目の表を挿入します。行数は30行程度で、行番号の分を含めて2列にします。

f:id:waenavi:20180902140014j:plain

 

2つ目の表を挿入します。番号、氏名、得点で1行5列にします。

f:id:waenavi:20180902140017j:plain

 

行番号を入れて、列の幅を適当に変えます。

f:id:waenavi:20180902140019j:plain


文字入力して、列の幅を適当に変えます。学科やクラスを入れる場合は列を増やします。

f:id:waenavi:20180902140024j:plain

 

タイトルを大きくします。

f:id:waenavi:20180902140022j:plain


1つ目の表は、いったん全部の罫線をなくしたうえで、左の列だけ点線を引き直します。

f:id:waenavi:20180902140028j:plain

f:id:waenavi:20180902140030j:plain


2つ目の表は、番号と氏名の欄を範囲選択して、下だけ二重線にします。

f:id:waenavi:20180902140034j:plain

 

隙間の部分の上下の罫線を消します。

f:id:waenavi:20180902140037j:plain

 

最後に、レポート本文の行の高さを広げて調節します。

f:id:waenavi:20180902182351j:plain

 

最終行に改行が残っている状態が正解です。行間を狭くするか、下の余白を狭くして処理をします。

f:id:waenavi:20180902140039j:plain 

 


解説は以上です。

*補足意見*
「3分でできる」というのはもちろん、技術を習得すれば3分でできるという意味です。3分間でクッキングをする某テレビ番組と同じです。 


8.動画版はこちら(無料) 

この記事は、わえなび実力養成講座「Word新演習1」Program 1-1、1-2 の2本のYoutube動画を書き起こしたものです。

ちなみに、Wordの罫線と表作成の動画は全部で26本あります。
すべて無料公開しています。ぜひご覧ください。

 


Youtube わえなび公式チャンネル
http://www.youtube.com/c/waenavijp

チャンネル登録(無料)をすると最新の動画をチェックできます。
初心者向けの動画が大量にあります。

 
 

Copyright(C)2018 waenavi, All rights reserved. [www.waenavi.com 定礎 平成30年8月]