わえなび ワード&エクセル問題集

当サイトはWordとExcelの実力を鍛える最高水準の特訓問題集です。リンクを張るのは自由です。みんなで勉強しましょう!

【Word罫線】ページの右側や文章の途中にメモ欄(自由記入欄)を作る練習問題

Wordの表罫線を使って、便箋のように横に線を引く方法については別の記事ですでに解説していますが(参考:【Word】3分以内でオリジナルのレポート用紙(便箋)を作る方法)、これを2列以上の表にすることによって、「メモ欄」を作ることができます。

左側に図表または説明文があり、右側に自由に記入できるように余白を設ける場合、左右2列の表を作るのが簡単です。これについて「段組み」をするのは間違いです(参考:【Word】段組みの理解を深める応用事例と段組みのデメリットについて)。左右は必ず連動するわけではないので、段組みではなく2列以上の透明な表でレイアウトするのが正解です。

今回は、Wordの透明な表を用いてページの右側や文章の途中にメモ欄(自由記入欄)を設ける方法について解説します。

目次

1.透明な表(復習)

Wordの罫線では「透明な表」が極めて重要です。メモ欄を作る場合も透明な表を使います。透明な表の作り方についてはこちらの記事をご覧ください。

 

また、レポート用紙(便箋)を作成する方法についてはこちらの記事をご覧ください。

 

2.手書きで記入する行だけ幅を広げること

問題

A4用紙に、次のメモ欄を作りなさい。

f:id:waenavi:20200115090740j:plain

 

解説

項目名と行番号を含めて5行4列とします。

f:id:waenavi:20200115092013j:plain

 

文字入力をします。

f:id:waenavi:20200115092016j:plain

 

列幅を調節します。

f:id:waenavi:20200115092019j:plain

 

1行目、1列目、4列目と中央揃えにすべき部分をすべて、中央揃えにします。

f:id:waenavi:20200115092022j:plain

 

1行目の線を消します。

f:id:waenavi:20200115092026j:plain

 

また、1列目の線を消します。

f:id:waenavi:20200115092029j:plain

 

2行目を塗りつぶします。

f:id:waenavi:20200115092033j:plain

 

表の大きさを広げて、3行目以降だけ選択して、行の高さを揃えます。

f:id:waenavi:20200115092035j:plain

f:id:waenavi:20200115092038j:plain

 

行の高さを広げるときに、レポート用紙のように項目名がなければ、表全体を選んで高さを揃えます。

f:id:waenavi:20200115092041j:plain

 

項目名がある場合は、項目名を除いて高さを揃えます。手書きで記入する部分を広くするためです。

f:id:waenavi:20200115092044j:plain

 

項目名は狭くして、手書きで記入する部分をできるだけ広くするようにします。

f:id:waenavi:20200115092047j:plain

 

3.右側にメモ欄があるパターン

問題

A4用紙に、次の2つのメモ欄を作りなさい。

f:id:waenavi:20200115090924j:plain

 

解説

左側にイラストを入れて、右側に説明文を記入するパターンです。この場合、2列の表を作りますが、2列の間にすき間があれば 3列にします。

f:id:waenavi:20200115095849j:plain

 

それでは実際にやってみましょう。5行2列の表を用意します。

f:id:waenavi:20200115095853j:plain

 

文字入力します。1列目を狭くします。

f:id:waenavi:20200115095857j:plain

 

1列目は内側を罫線なしにします。

f:id:waenavi:20200115095900j:plain

 

2列目は、点線です。

f:id:waenavi:20200115095904j:plain

f:id:waenavi:20200115095907j:plain

 

これで完成です。

f:id:waenavi:20200115095910j:plain

 

次に、5行3列の表を用意します。

f:id:waenavi:20200115095914j:plain

 

文字入力します。1列目、2列目を狭くします。

f:id:waenavi:20200115095917j:plain

 

このように、隙間がある表は、「枠なし」でいったん全部罫線を消してから考えると早く仕上がります。

f:id:waenavi:20200115095920j:plain

 

1列目は外枠だけ線を引きます。

f:id:waenavi:20200115095923j:plain

 

3列目は横だけ点線を引きます。

f:id:waenavi:20200115095927j:plain

 

これで完成です。

f:id:waenavi:20200115095930j:plain

 

このように隙間があるかないかで完成までの手順が微妙に異なります。

f:id:waenavi:20200115095934j:plain

 

上の表と下の表は形が違うので関連性はありませんが、関連があってもなくても縦の線や横の線はできるだけそろえるように気をつけます。このように整列を意識しながら文書を作ることを「グリッドシステム」と言います。

f:id:waenavi:20200115095936j:plain

 

4.文章の途中にメモ欄を設ける

問題

いま、ワードに文章が入力されていますが、用紙の下の部分があいています。

f:id:waenavi:20200115101446j:plain

 

次の図で、文章の途中のAの部分に5行分の自由記入欄を設けなさい。なお、このページの最終行が用紙の一番下にくるように調整しなさい。

f:id:waenavi:20200115101700j:plain

 

※補足:完成イメージを参考にしながら、自分の好みの自由記入欄を作成すればよいです。

f:id:waenavi:20200115101915j:plain

 

解説

6行の表を用意します。そのうち、質問文については狭く、手書きで記入する5行分を広くします。

f:id:waenavi:20200115103419j:plain

 

ところで、用紙の下のルーラを見ると、4行分あいていることが分かります。

f:id:waenavi:20200115103421j:plain

 

そこで、表の大きさを4行分広げます。

f:id:waenavi:20200115103426j:plain

 

5行だけ選んで高さを揃えます。

f:id:waenavi:20200115103429j:plain

f:id:waenavi:20200115103432j:plain

 

それと同時に、内側を点線にします(図やイラストを描いて説明したい人のために内側を点線にしておく)。

f:id:waenavi:20200115103435j:plain

 

1行目を白抜きにして完成です。

f:id:waenavi:20200115103437j:plain

 

最終行が一番下に来ています。

f:id:waenavi:20200115103442j:plain

 


解説は以上です。


5.動画版はこちら(無料)

この記事は、わえなび実力養成講座「Word新演習1」Program 1-3 のYoutube動画を書き起こして、加筆修正したものです。

 


Copyright(C)2018-2020 waenavi, All rights reserved. [www.waenavi.com 定礎 平成三十年八月]
Youtube | 公式サイト | twitter | 著作権 | 運営者情報 | お問い合わせ