わえなび ワード&エクセル問題集

当サイトはWordとExcelの実力を鍛える最高水準の特訓問題集です。リンクを張るのは自由です。みんなで勉強しましょう!

Excel関数が苦手なら、関数名の変更と戻り値を最初に練習すべきである

Excelには400種類を超える関数が用意されており、組み合わせることによって長い数式で複雑な計算をすることができます。しかし、半角文字の入力が慣れていない人が、いきなり関数をキーボードで入力するのは抵抗があるはずです。また、他の人が作った数式を解読するのも難しいと思います。

オートSUMの使い方を覚えたら、関数の一部を修正しながら、関数名で関数を呼び出していることと、呼び出した結果が戻り値(返り値)であること、値が「返ってくる」という意味を少しずつ理解するべきです。

そこで、今回は、関数名の変更と関数の修正、戻り値、数式の計算結果との違いについて出題します。

目次

問題文のあとに簡単な操作方法を解説していますが、静止画では、わかりにくいと思いますので、最後に動画を載せています。ぜひご覧ください。

1.呼び出す、返す(復習)

問題

次の画面(関数の挿入)でCOUNT関数を探しなさい。

f:id:waenavi:20191217140718j:plain

 

解説

空白のセルを選択します。関数の一覧を表示するには、[fx]関数の挿入のボタンを押します。

f:id:waenavi:20191217142322j:plain

 

関数の分類をすべて表示にします。関数を1つだけ選択します。

f:id:waenavi:20191217142325j:plain

 

キーボードで、半角で「C」を押します。これで、C から始まる関数を探すことができます。

f:id:waenavi:20191217142328j:plain

 

COUNTのほかに、COUNTA、COUNTBLANK、COUNTIFといった関数があります。COUNTは、範囲内の数値が含まれるセルの個数を返します。

f:id:waenavi:20191217142331j:plain

 

COUNTを呼び出すと、数値データのセルの個数を返します。

f:id:waenavi:20191217142334j:plain

f:id:waenavi:20191217142337j:plain

 

2.関数名のきまりと修正

(1)COUNTの復習

問題

次の表で、セルB7にCOUNT関数を用いて数値のカウントをしなさい。

f:id:waenavi:20191217140742j:plain

 

解説

[fx]関数の挿入のボタンを押します。

f:id:waenavi:20191217142434j:plain

 

COUNTを探します。

f:id:waenavi:20191217142436j:plain

 

B2:B6を選択します。

f:id:waenavi:20191217142439j:plain

 

これで完成です。数値データだけをカウントするので4人となります。

f:id:waenavi:20191217142442j:plain

 

別解

オートSUMボタンの数値データの個数を使うのと同じです。

f:id:waenavi:20191217151926j:plain

 

(2)呼び出す関数を変更する

問題

「COUNT」を「COUNTA」にしなさい。また、「COUNT」に戻しなさい。

f:id:waenavi:20191217140813j:plain

 

解説

関数の一覧で、COUNTのほかに、COUNTAという関数があります。

f:id:waenavi:20191217152348j:plain

 

先ほどのCOUNT関数の最後に、半角で「A」をつけます。小文字でも構いません。

f:id:waenavi:20191217152351j:plain

 

5になります。数値に限らずすべてのセルの個数をカウントしています。

f:id:waenavi:20191217152355j:plain

 

COUNTAは、空白を除くすべてのセルの個数を返します。

f:id:waenavi:20191217152357j:plain

 

このように直接入力によって呼び出す関数名を変えることができます。この場合、COUNTAが改めて呼び出され、再計算されて、5という答えが返ってきます。 

f:id:waenavi:20191217152401j:plain

 

COUNTAの「A」を消すと、COUNT関数が呼び出されて、4になります。

f:id:waenavi:20191217152404j:plain

f:id:waenavi:20191217152407j:plain

 

(3)関数名を変えればいいというわけではない

問題

「COUNTA」に修正するときに、誤って「COUNTIF」にしたためエラーになった。この入力を取り消しなさい。

f:id:waenavi:20191217140840j:plain

 

解説

COUNTのあとにCOUNTAではなく、「COUNTB」と入力するとエラーになります。

f:id:waenavi:20191217153137j:plain

 

これは関数名が存在しないからです。

f:id:waenavi:20191217153145j:plain

 

今度は、COUNTのあとに、「IF」と入力します。

f:id:waenavi:20191217153148j:plain

 

COUNTIF関数は実際に存在する関数ですが、エラーになります。関数の使い方が間違っているというエラーです。

f:id:waenavi:20191217153152j:plain

 

このように関数名を変えれば、何でも答えが出るというわけではありませんので注意が必要です。

f:id:waenavi:20191217153155j:plain

 

関数名を変えた結果、その関数が存在したとしても、関数の呼び出し方が適当でない場合はエラーとなります。

f:id:waenavi:20191217153159j:plain

 

関数を間違えて選択した場合は、キャンセルで数式を取り消します(参考:【Excel】足し算、引き算、掛け算、割り算の入力、かっこ、累乗、パーセント)。

f:id:waenavi:20191217153201j:plain

 

修正する前の数式に戻ります。

f:id:waenavi:20191217153205j:plain

 

3.最大最小、平均を切り替える練習

問題

オートSUMボタンを用いてセルE7に合計を求めた。これを用いて、AVERAGE、MAX、MIN、COUNT、COUNTAをそれぞれ求めなさい。

f:id:waenavi:20191217155712j:plain

 

解説

平均はオートSUMボタンを用いて求めることができますが、同じ範囲であれば、絶対参照にして利用することができます。

f:id:waenavi:20191217175050j:plain

 

セルE8~E11にオートフィルをします。書式なしにします。

f:id:waenavi:20191217175054j:plain

f:id:waenavi:20191217175057j:plain

 

セルE8をAVERAGEに変えます。

f:id:waenavi:20191217175101j:plain

 

最初の文字だけ入力して選択することもできます。

f:id:waenavi:20191217175104j:plain

 

同様に、関数名をMAX、MIN、COUNTに変えます。

f:id:waenavi:20191217175107j:plain

 

コピーしてセルE12に貼り付けます。

f:id:waenavi:20191217175110j:plain

 

COUNTをCOUNTAにします。

f:id:waenavi:20191217175114j:plain

 

これで完成です。

f:id:waenavi:20191217175117j:plain

 

4.関数の戻り値とは何か

問題

次の表について、セルB7のSUM関数の「戻り値」を答えなさい。

f:id:waenavi:20191217175128j:plain

 

解説

セルB7は合計を求めていて、135000という答えが表示されています。

f:id:waenavi:20191217185402j:plain

 

SUM関数は、合計を求める計算を依頼して、その合計を受け取るために呼び出します。計算結果として返ってきた値を、関数の「戻り値」または「返り値」といいます。

f:id:waenavi:20191217185405j:plain

 

レストランの場合、1つの料理を注文すると、運ばれてくる料理は当然1つです。運ばれてきたカレーが戻り値です(参考:【Excelの関数とは何か】カレー屋に行けば関数の仕組みがよくわかる)。

f:id:waenavi:20191217185408j:plain

 

これと同じように、Excelの関数は、1回呼び出すと、返ってくる戻り値は1つです。SUM関数を呼び出した結果が135000の場合、135000が戻り値です。

f:id:waenavi:20191217185411j:plain

 

5.関数の前後に演算を追加した場合を考えよう

問題

さきほどの問題で数式の最後に1.1倍をする演算を追加した。このとき、SUM関数の戻り値を答えなさい。

f:id:waenavi:20191217175152j:plain

 

解説

合計の式の後に「*1.1」とします。

f:id:waenavi:20191218065753j:plain

 

合計の1.1倍になります。

f:id:waenavi:20191218065756j:plain

 

まず、SUM関数にカッコ書きを付けた時点で、SUM関数が呼び出されます。

f:id:waenavi:20191218065800j:plain

 

合計をしたら、戻り値として返ってきます。したがって、SUM関数の戻り値は135000です。

f:id:waenavi:20191218065802j:plain

 

戻り値が返ってくると、関数名とカッコ書きの部分がなくなる代わりに、戻り値に置き換えられます。先頭のイコールはそのまま残って、「=135000*1.1」となります。この時点でSUM関数は消えます。

f:id:waenavi:20191218065805j:plain

 

掛け算を計算した結果149000は、先頭のイコールによって、セルB7に代入されます。この時すでにSUM関数は消えています。セルB7に149000と表示されるのは、先頭のイコールがあるからであって、SUM関数の効果ではありません。

f:id:waenavi:20191218065807j:plain

 

SUM関数の戻り値は135000ですが、数式の計算結果は149000です。

f:id:waenavi:20191218065811j:plain

 

6.数式の結果と関数の戻り値の違い

問題

次の表で、1~3の数式を入力したときの、数式の計算結果と関数の戻り値をそれぞれ答えなさい。

f:id:waenavi:20191218065905j:plain

 

解説

(1)=10*COUNTA(B2:B6)

まず、B2:B6の数値の個数をカウントします。

f:id:waenavi:20191218074501j:plain

 

Aを追加して、COUNTAにします。

f:id:waenavi:20191218074504j:plain

 

戻り値は、カウントした結果なので5です。

f:id:waenavi:20191218074508j:plain

 

COUNTAの前に10をかけます。

f:id:waenavi:20191218074511j:plain

 

10倍されて50になります。

f:id:waenavi:20191218074514j:plain

 

COUNTAを呼び出すと5が返ってきます。

f:id:waenavi:20191218074517j:plain

 

関数名とカッコ書きの部分が、戻り値の5に置き換わります。先頭のイコールと10*5が残ります。

f:id:waenavi:20191218074520j:plain

 

関数の戻り値が5で、数式の計算結果が50です。

f:id:waenavi:20191218074523j:plain

 

(2)=AVERAGE(B2:B6)&"cm"

B2:B6の平均を求めます(参考:【Excel関数】平均AVERAGEは、数値の個数COUNTを意識して使うこと)。

f:id:waenavi:20191218075706j:plain

 

戻り値は、平均した結果なので23です。

f:id:waenavi:20191218075709j:plain

 

&で"cm"を連結します(参考:【Excel】文字列結合、スペース・改行・ダブルクォーテーションの連結)。

f:id:waenavi:20191218075712j:plain

f:id:waenavi:20191218075716j:plain

 

関数名とカッコ書きの部分が、戻り値の23に置き換わります。

f:id:waenavi:20191218075719j:plain

 

先頭のイコールと23&"cm"が残ります。

f:id:waenavi:20191218075721j:plain

 

文字列連結をして23cmとなります。関数の戻り値が23という数値で、数式の計算結果が23cmという文字列です。

f:id:waenavi:20191218075724j:plain

 

(3)=MAX(B2:B6)-MIN(B2:B6)

最大値を求めます。

f:id:waenavi:20191218093537j:plain

 

戻り値は、最も大きい値なので24.5です。

f:id:waenavi:20191218094440j:plain

 

MAX関数とカッコ書きの部分を選択します。コピーします(参考:【Excel関数】最大値MAXと最小値MINの差、最高最低を除いた合計の求め方)。

f:id:waenavi:20191218095333j:plain

 

マイナスを入力してから、貼り付けをします。

f:id:waenavi:20191218093540j:plain

 

MINに変更します。

f:id:waenavi:20191218093543j:plain

f:id:waenavi:20191218093546j:plain

 

このように、1つの数式で、関数を2回以上呼び出すことは可能です。

f:id:waenavi:20191218093548j:plain

 

1回の注文で、2種類の料理を注文するのと同じです。

f:id:waenavi:20191218093552j:plain

 

関数2つを呼び出した場合、それぞれ戻り値が1個ずつ帰ってきます。

f:id:waenavi:20191218093555j:plain

 

関数名とカッコ書きの部分が、戻り値に置き換わります。

f:id:waenavi:20191218093557j:plain

 

引き算をすると、最大と最小の差、2.5になります。戻り値はあわせて2つありますが、計算結果は1つです。

f:id:waenavi:20191218093600j:plain

 


解説は以上です。


7.動画版はこちら(無料)

この記事は、わえなび実力養成講座「ファンダメンタルExcel」Program 11-3、11-4 のYoutube動画を書き起こして、加筆修正したものです。

 


Copyright(C)2018-2019 waenavi, All rights reserved. [www.waenavi.com 定礎 平成三十年八月]