わえなび ワード&エクセル問題集

当サイトにリンクを張るのは自由です。WordとExcelの練習問題の動画を「Youtube」で無料公開しています。みんなで勉強しましょう!

【Excel】グラフがうまく作成できないのは範囲選択が間違っているからです

グラフを作成するには必ず範囲選択(グラフで使用するデータの範囲の指定)をしなければなりません。やみくもに選択してもうまくいきません。単純な表についてグラフを作成する場合は、比較できない項目を除外して範囲選択すればよいことはすでに別の記事で説明していますが(参考:【Excelグラフ】何を比較して何を主張するために、どの範囲を選択するのか)、これが複数系列になるともっとややこしくなります。

縦と横に分けて必要な項目を考えます。比較しようとしている項目を考えなければなりません。さらに、行列の切り替えも考慮する必要があります(参考:【Excel】複数系列のグラフで「行列の切り替え」をするのはなぜか?)。

そこで、今回は、複数系列グラフを作成するときの範囲選択について出題します。

 

「グラフ」完全マスターシリーズ(この記事は第15回です)
  1. 文字列を挿入するグラフ要素(グラフタイトル・軸ラベル・データラベル・テキストボックス)
  2. 棒グラフと折れ線グラフのグラフ要素の練習問題10問
  3. 複数系列のグラフで「行列の切り替え」をするのはなぜか?
  4. グラフがうまく作成できないのは範囲選択が間違っているからです
  5. 複数系列グラフのデータソース、項目名、系列名を手動で変更する方法
  6. 【Excelグラフ】凡例の改行、数値軸のマイナスの扱い、系列の重なりなど
  7. 積み上げ棒グラフと区分線、合計の表示、100%積み上げ

グラフまとめ グラフを作成するための「理論」を本気で勉強すべきである

 

目次

問題文のあとに簡単な操作方法を解説していますが、静止画では、わかりにくいと思いますので、最後に動画を載せています。ぜひご覧ください。

1.1系列のグラフの範囲選択

問題

グラフの範囲選択が苦手な人はまず、1系列のグラフの練習をするべきです。詳しくは、次の記事をご覧ください。

www.waenavi.com

 

2.項目数を数える・系列数を数える

問題

次の表を用いて、グラフの違いを意識しながら、2つのグラフをかきなさい。

f:id:waenavi:20190712153952j:plain

f:id:waenavi:20190712154036j:plain

 

解説

項目軸が1行と2行になっています。

f:id:waenavi:20190712160305j:plain

 

また、グラフの種類がマーカーありとなしです。

f:id:waenavi:20190712160308j:plain

 

左のグラフは、1月から3月までが軸の項目となっています。この場合、一番左の列と1月から3月までを選択します。

f:id:waenavi:20190712160311j:plain

 

一番左の系列名は必ず選択しますので、項目が3つであれば、4列の選択となります。項目の数+1の範囲選択となります。 

f:id:waenavi:20190712160315j:plain

 

次に系列の数を数えます。折れ線が4本あるので、系列は4つで、合計を除いて4行選択すればよいことがわかります。

f:id:waenavi:20190712160317j:plain

 

項目は必ず選択しますので、系列が4つであれば、5行の選択となります。系列の数+1の範囲選択となります。

f:id:waenavi:20190712160320j:plain

 

項目名は月だけで、4行分の系列と合わせて選択します。5行4列です。

f:id:waenavi:20190712160322j:plain

 

マーカー付き折れ線グラフを挿入します。

f:id:waenavi:20190712160325j:plain

 

行列の切り替えをします。

f:id:waenavi:20190712160329j:plain

www.waenavi.com

 

今度は、項目名を四半期と月にして選択します。このとき、左上のセルは2つとも選択します。したがって、6行4列です。

f:id:waenavi:20190712160333j:plain

 

マーカーのない折れ線グラフを挿入します。

f:id:waenavi:20190712160337j:plain

 

行列の切り替えをします。これで完成です。

f:id:waenavi:20190712160340j:plain

 

項目名と系列名が交わる左上のセルは必ず選択します。項目行が2行であれば左上のセルも2つです。

f:id:waenavi:20190712160343j:plain

 

3.行単位・列単位で考える

問題

次の表を用いて、グラフの違いを意識しながら、2つのグラフをかきなさい。

f:id:waenavi:20190712153952j:plain

f:id:waenavi:20190712154151j:plain

 

解説

左のグラフは4月から6月、右のグラフは1月から3月です。

f:id:waenavi:20190712165952j:plain

 

また、左は4種類の商品、右は3種類の商品です。行列が逆になっています。

f:id:waenavi:20190712165954j:plain

 

左のグラフは4つの商品が軸の項目になっています。

f:id:waenavi:20190712165957j:plain

 

系列は3つで4月から6月までです。

f:id:waenavi:20190712171117j:plain

 

左上のセルは必ず選択します。

f:id:waenavi:20190712171120j:plain

 

縦は5行分、横は4列分の選択となります。

f:id:waenavi:20190712171122j:plain

 

横棒グラフを挿入します。

f:id:waenavi:20190712171124j:plain

 

右のグラフは1月から3月までが軸の項目になっています。

f:id:waenavi:20190712171128j:plain

 

系列は3種類でカレー、ラーメン、パンです。

f:id:waenavi:20190712171130j:plain

 

左上のセルは必ず選択します。

f:id:waenavi:20190712171133j:plain

 

4行4列の選択となります。チャーハンの行は選択しません。

f:id:waenavi:20190712171135j:plain

 

横棒グラフを挿入します。これで完成です。

f:id:waenavi:20190712171137j:plain

 

範囲選択に含まれるか、含まれないかは、必ず、行単位、列単位で考えます。

f:id:waenavi:20190712171140j:plain

 

4.系列を削除する

問題

次の表を用いて、グラフの違いを意識しながら、2つのグラフをかきなさい。

f:id:waenavi:20190712153952j:plain

f:id:waenavi:20190712154143j:plain

 

解説

ラーメンとパンの2つで、4月から12月のデータを用いているグラフと、四半期の合計を用いたグラフです。

f:id:waenavi:20190712170611j:plain

f:id:waenavi:20190712170613j:plain

 

左のグラフは、4月から12月までが軸の項目となっていて、項目は9個です。

f:id:waenavi:20190712170616j:plain

 

系列はラーメンとパンの2つだけです。

f:id:waenavi:20190712170618j:plain

 

左上のセルは必ず選択します。

f:id:waenavi:20190712170620j:plain

 

横向きに4月から12月まで、3行選択します。

f:id:waenavi:20190712170624j:plain

 

縦棒グラフを挿入します。

f:id:waenavi:20190712170628j:plain

 

右のグラフは、項目がラーメンとパンの2つです。

f:id:waenavi:20190712170631j:plain

 

系列は1から4の4つです。

f:id:waenavi:20190712170635j:plain

 

左上のセルは必ず選択します。

f:id:waenavi:20190712170637j:plain

 

とびとびになりますが、1つずつ選択していきます。

f:id:waenavi:20190712170640j:plain

 

縦棒グラフを挿入します。

f:id:waenavi:20190712170643j:plain

 

行列を切り替えます。これで完成です。

f:id:waenavi:20190712170646j:plain

 

別解

4つの項目をすべて選択します。セルが連続しているため比較的選択しやすくなります。

f:id:waenavi:20190712170650j:plain

f:id:waenavi:20190712170655j:plain

 

2つの商品を削除します。

f:id:waenavi:20190712170659j:plain

 

行列を入れ替えます。このように、系列を削除するという方法もあります。

f:id:waenavi:20190712170701j:plain

 

5.表の形から選択する範囲を判断する練習

問題

次の各設問の表を用いて、それぞれグラフをかこうとしている。範囲選択をするときの注意点を述べなさい。また、どのようなグラフがかけるか、できるだけ多く考えなさい。

(1)

f:id:waenavi:20190712184110j:plain

(2)

f:id:waenavi:20190712184114j:plain

(3)

f:id:waenavi:20190712184116j:plain

(4)

f:id:waenavi:20190712184119j:plain

 

(1)縦横に項目があり、右または下に合計があるパターン

合計を選択するかどうかに注意します。

f:id:waenavi:20190712190010j:plain

 

誤答例

原則として、縦横の項目、データと、合計を同時に選択してはいけません。

f:id:waenavi:20190712190013j:plain

 

それぞれの店のデータと合計は、並べて大小関係を比較するのに適していません。

f:id:waenavi:20190712190016j:plain

 

比較してはいけないデータを、同じ場所に並べて、同じ種類のデータであるかのような見せ方をするのは間違いです。

f:id:waenavi:20190712190020j:plain

 

正解例

最もわかりやすいのは合計を除いて範囲選択することです。

f:id:waenavi:20190712190022j:plain

 

合計がなければ、3つの店の比較ができます。

f:id:waenavi:20190712190025j:plain

 

また、行列の切り替えをすることもあり得ます。

f:id:waenavi:20190712190028j:plain

 

原則として合計を除外して選択します。

f:id:waenavi:20190712190031j:plain

 

逆に項目と合計だけを選択することもあります。このときは1系列のグラフとなります。

f:id:waenavi:20190712191845j:plain

 

2列選択します。

f:id:waenavi:20190712191847j:plain

 

折れ線グラフにして5か月間の推移を表したり、円グラフにして5か月の内訳を表すことができます。

f:id:waenavi:20190712191849j:plain

f:id:waenavi:20190712191852j:plain

 

仮に合計も含めてすべて選択する場合は、合計だけ選択して、グラフの種類を折れ線に変えます。

f:id:waenavi:20190712191855j:plain

f:id:waenavi:20190712191857j:plain

f:id:waenavi:20190712191901j:plain

www.waenavi.com

 

集計行を含めて選択する場合には、異なる種類であることが分かるように、グラフの種類を変えます。

f:id:waenavi:20190712191903j:plain

 

(2)総合計と小計があるパターン

小計を選択するのかしないのかに注意します。

f:id:waenavi:20190712193139j:plain

 

誤答例

一番左にある総計は選択してはいけません。

f:id:waenavi:20190712193144j:plain

 

また、途中にある小計も選択してはいけません。

f:id:waenavi:20190712193149j:plain

 

正解例

小計と合計は除外しますが、一番左の商品名は選択します。

f:id:waenavi:20190712193153j:plain

 

これで6か月のグラフになります。

f:id:waenavi:20190712193155j:plain

 

月ごとではなく、第1四半期と第2四半期で比較することもできます。小計を選択する場合は、月を選択してはいけません。この場合も、一番左の列は必要です。

f:id:waenavi:20190712193158j:plain

 

最初の3か月より次の3か月のほうが下がっています。

f:id:waenavi:20190712193201j:plain

 

もちろん、総合計だけを選択して、1系列のグラフをかくこともあります。

f:id:waenavi:20190712193204j:plain

 

(3)比較の目的が明らかに分かる表の場合

誤答例

目標と各月のデータを同時に選択してはいけません。

f:id:waenavi:20190712193801j:plain

 

正解例

この表は、目標金額が3か月分の目標を立てているものと考えられます(各データの平均が20万前後で、目標が60万前後)。

f:id:waenavi:20190712193804j:plain

 

そして、達成率を計算していることなどから考えて、四半期合計が目標を超えたかどうかという比較をしようとしている表であることは明らかです。

f:id:waenavi:20190712193808j:plain

f:id:waenavi:20190712193811j:plain

 

このように、比較の目的がはっきりしている表の場合、その目的が分かるように範囲選択します。

f:id:waenavi:20190712193815j:plain

 

商品名と目標と四半期合計の3列を選択します。

f:id:waenavi:20190712193817j:plain

f:id:waenavi:20190712193820j:plain

 

目標の列を抜いて、各月のグラフを作ることは当然可能です。

f:id:waenavi:20190712193823j:plain

 

また、達成率だけのグラフを作ることも考えられます。

f:id:waenavi:20190712193826j:plain

 

(4)比較しない項目は除外する

誤答例

この表は、単価に売上個数をかけて合計金額を求めています。

f:id:waenavi:20190712195605j:plain

 

売上個数と単価を比較するグラフを作っても意味がありません。

f:id:waenavi:20190712195608j:plain

 

正解例

単価は計算をするための前提となる項目です。

f:id:waenavi:20190712195611j:plain

 

単価のように比較には使わない項目があるパターンでは、原則として選択範囲から除外します。

f:id:waenavi:20190712195616j:plain

 

例えば、1月から6月までの範囲を選択するという考え方があります。

f:id:waenavi:20190712195620j:plain

 

メニューが3つありますが、そのうちの2つだけを比較するということもあります。

f:id:waenavi:20190712195623j:plain

 

また、売上金額だけを比較することもあります。

f:id:waenavi:20190712195627j:plain

 


解説は以上です。


6.動画版はこちら(無料)

この記事は、わえなび実力養成講座「ファンダメンタルExcel」Program 9-27、9-28 のYoutube動画を書き起こして、加筆修正したものです。

 

「グラフ」完全マスターシリーズ(この記事は第15回です)
  1. 文字列を挿入するグラフ要素(グラフタイトル・軸ラベル・データラベル・テキストボックス)
  2. 棒グラフと折れ線グラフのグラフ要素の練習問題10問
  3. 複数系列のグラフで「行列の切り替え」をするのはなぜか?
  4. グラフがうまく作成できないのは範囲選択が間違っているからです
  5. 複数系列グラフのデータソース、項目名、系列名を手動で変更する方法
  6. 【Excelグラフ】凡例の改行、数値軸のマイナスの扱い、系列の重なりなど
  7. 積み上げ棒グラフと区分線、合計の表示、100%積み上げ

グラフまとめ グラフを作成するための「理論」を本気で勉強すべきである

 


Copyright(C)2018-2019 waenavi, All rights reserved. [www.waenavi.com 定礎 平成三十年八月]