わえなび ワード&エクセル問題集

当サイトにリンクを張るのは自由です。WordとExcelの練習問題の動画を「Youtube」で無料公開しています。みんなで勉強しましょう!

未経験でも事務で採用されるための就職や転職の基礎知識まとめ【パソコンスキル】

一般事務職の有効求人倍率は厚生労働省の発表によると約0.4倍とのことですが、民間会社の調査では、0.3倍とも0.2倍とも言われています。この倍率は、事務職に就きたくても半分以上の人は事務職になれないということを表しています。

事務職になれる人と事務職になれない人の差は何でしょうか?

経験が豊富なベテランを採用したいという会社もあれば、経験が豊富だと固定観念が強すぎるので新卒を採用したいという会社もあります。いろんな考え方の会社があるので一概には言えませんが、経験の有無ではなく「職場の雰囲気に溶け込んでしっかりと仕事をしてくれそう~」という印象を与えることが大事だと思われます。

そこで、事務として採用されるために必要な準備と基礎知識についてまとめてみました。

f:id:waenavi:20190616204244j:plain

 

事務職への就職&転職 関連記事一覧
  1. 「パソコンの資格取得は就職に有利か?」と聞く人は内定が取れない
  2. 要注意!パソコン苦手で事務の求人を見る人は「楽な仕事」を探している
  3. 就職で「Wordが使える」はそんなに高いスキルを求められていない
  4. 事務職の採用試験でスキルを試すのに本当に必要なことは何か
  5. 事務職を志望する人が履歴書をWordで作成するときの技術的な注意点
  6. Wordの白紙の状態から転職の職務経歴書を仕上げる練習問題
  7. Wordで、履歴書を郵送するときの書類送付状・添え状のテンプレートを作る
  8. 事務系で就職のチャンスを増やすための転職口コミサイトと転職サービス【おすすめ】
  9. パソコン事務職のパート・アルバイト人気求人サイト!口コミと選び方(自分用まとめ)
  10. 【まとめ】未経験でも事務で採用されるための就職や転職の基礎知識まとめ

 

目次

今回は特別企画につき動画へのリンクはありません。

1.事務職の志望動機や自己PRを考える

(1)感想文ではなく証拠を示すこと

ところで、事務を志望する人の中には、積極的な理由で志望している人もいれば、消去法で事務を選んでいる人もいます。本心では消去法だが、消去法であることがバレないように、うまい志望動機を考えるのも一苦労です。

「事務が向いている」「興味がある」は個人的な感想であって証拠がないので全く説得力がありません。また、「地道な作業が好き」というのも間違いです。事務職は会社の窓口であって、決して地道な仕事をするだけの職業ではありません。

志望動機や自己PRには具体的には次の4点を含めるべきだと考えます(※これは個人の見解ですあり合格は保証しません)。

  1. デスクワークをするための最低限のスキルがあり、持っているスキルを使ったことがあること
  2. コミュニケーションができる経験を持っていること
  3. 自己研鑽のためにプラスアルファでやっていること
  4. 会社を選んだ理由

(2)書き方

PCスキルについて・・・パソコンのスキルはどんな仕事でも当然必要ですが、「WordやExcelができる」というより「~の作り方を知っている」「~を作って役に立った」と言ったほうが説得力があります。仕事上の経験がない場合は、「Wordではビジネス文書の作り方を一通り学習し、また、Excelでは集計表やグラフを作ることができ、自宅でも家計簿などで活用している」「サークルで文書を作った経験がある」など、使い慣れている感じを出します。

コミュ力について・・・事務的なことを中心に、例えば、定型的な作業について周りの人にどのように「角が立たないように」説明しながら改善したか、パソコンで悩んでいる人に対してどのように「優しく」サポートしたか、自分の作業や活動について周りの人からどのような「高い評価」を受けたか、トラブルが起きたときにどのように「うまく調整して」解決したか、新しい事柄を教わるのに日頃からどのような「工夫」をしているか、などのエピソードを説明します。

自己研鑽について・・・事務的な作業が好きなら、事務に関連する資格や研修にも興味があるはずです。いままでスキル向上のためにどのような勉強をし、どのようなイベントに参加したかを述べます。簿記、FP、DTP、保険、給与計算、ボールペン字、OA機器修理・・・とにかくデスクワークに関心があることを示します。

会社を選んだ理由・・・事務職は就職が難しいのは周知の事実なので「事務は就職難だから会社を選ぶなんて贅沢なことを言っている場合ではないから御社の求人を見て応募した」と正直に言えばいいと思いますが、基本的には会社のホームページを見て、会社の業務内容やビジョン(理想のようなもの)と引用して、自分の生活や考え方と一致する部分を述べます。「私は~~仕事をして社会に貢献したいと考えております。~~~業務をされている御社のことを知り関心を持ちました。これまでの経験を活かしながら~~にかかわる業務に携わりたいと考え、御社を志望しました。」

 

2.未経験とは何か

事務職の「未経験可」とは、履歴書の職歴で、事務職として仕事をした経験が無いという意味です。事務として働いたことが無くても、パソコンスキルとコミュ力があったらOKという意味です。

「パソコンが未経験」という意味ではありません。パソコンができないというのは経験以前の問題で、そもそも事務職に応募する資格がありません。なぜならパソコンは事務だけのものではないからです。事務職以外にも営業もノートパソコンを持ち歩いています。社長もパソコンを使います。

パソコンが使えないのは、単に就業する上でのスキルが無いだけであって、事務経験とは無関係です。

 

3.事務職に求められるパソコンのスキルとは何か

パソコンができないまま入社したら、入社した後に困りますから、事務職の求人に応募する前に最低限のパソコンスキルを身に付けておく必要があることは言うまでもありません。

しかし、採用担当者はパソコンの先生でもなければシステムエンジニアでもないので、WordやExcelについて偉そうなことを言える立場にありません。前述のとおり、求められるスキルは事務職以外の職種と同じで、パソコンを用いて業務ができる程度であって、システムエンジニアのような詳しい知識を求められているわけではありません。もし、必要があれば、必要に応じて勉強すればよいです。

 

4.事務に関心がある証拠として資格を取る

「事務職に就くのにパソコンの資格は必要ない」という人もいるようですが、これは間違いです。

確かに、パソコンの資格を取ったくらいで事務職に確実に採用されるわけではありません。また、パソコンの資格を取っただけで、業務に活かせるわけではありません(さらに練習が必要)。しかし、事務職に関心があるから事務職を探しているにもかかわらず、パソコンの資格に興味がない理由を聞かれたら何と答えますか?パソコンの資格を取っていない人は、事務職に関心があることを証明できるのでしょうか??

パソコンの資格を取るのは、事務職を選んだ理由が消去法ではないことを明確に示すためです。

 

5.履歴書や職務経歴書をWordで作る

事務職と言えば、会社の中で最も文書作成が得意な人でなければなりません。応募書類くらいパソコンで作れなかったら事務職がつとまるわけがありません。入社した後で苦労するだけです。新卒の場合は履歴書と添え状、中途の場合は履歴書と職務経歴書と添え状をWordで作っておきましょう。

 

6.事務の求人を探す

以上のように、厳しい競争倍率を勝ち抜いて、事務職に採用されるためには応募する前の準備が必要です。そして、準備が整ったら求人を探しましょう。

事務職で良い条件の求人は、掲載されたら応募が殺到してすぐに応募が締め切られるので、見逃さないようにチェックしなければなりません。ハローワークの求人だけでなく、民間の求人サイトにも登録して毎日チェックしたほうがよいです。

 


ストレングスファインダーは、米国ギャラップ社の開発したオンライン才能診断ツールです。Webサイト上で177個の質問に答えることで、自分の才能(=強みの元)が分かります。診断を受けるには書籍を購入して、巻末の表紙の裏の綴じ込みに記載されているアクセスコードを使ってサイトにログインします。

 

事務職への就職&転職 関連記事一覧
  1. 「パソコンの資格取得は就職に有利か?」と聞く人は内定が取れない
  2. 要注意!パソコン苦手で事務の求人を見る人は「楽な仕事」を探している
  3. 就職で「Wordが使える」はそんなに高いスキルを求められていない
  4. 事務職の採用試験でスキルを試すのに本当に必要なことは何か
  5. 事務職を志望する人が履歴書をWordで作成するときの技術的な注意点
  6. Wordの白紙の状態から転職の職務経歴書を仕上げる練習問題
  7. Wordで、履歴書を郵送するときの書類送付状・添え状のテンプレートを作る
  8. 事務系で就職のチャンスを増やすための転職口コミサイトと転職サービス【おすすめ】
  9. パソコン事務職のパート・アルバイト人気求人サイト!口コミと選び方(自分用まとめ)
  10. 【まとめ】未経験でも事務で採用されるための就職や転職の基礎知識まとめ

 


Copyright(C)2018-2019 waenavi, All rights reserved. [www.waenavi.com 定礎 平成三十年八月]