わえなび ワード&エクセル問題集

当サイトはWordとExcelの実力を鍛える最高水準の特訓問題集です。リンクを張るのは自由です。みんなで勉強しましょう!

【Word罫線】四角を連結して手順の図を作るには透明な罫線を使う

次の図のように、Wordで長方形を線で連結した図形を作るにはどうすればよいでしょうか?

f:id:waenavi:20190223171714j:plain

 

図形(オートシェイプ)を用いる方法もありますが、「表の罫線」を使うときれいに仕上がる場合があります。ところが、Wordの場合は原則として、表の領域の左右に文字列を入力してはいけないという暗黙のルールがあるため、このような図形を作るには工夫が必要です。

f:id:waenavi:20190223172726j:plain

 

そこで、今回は、Wordの表の罫線で手順を表す図を描く方法について出題します。それぞれの設問の図が5分以内で描けたら合格です。

 

目次

問題文のあとに簡単な操作方法を解説していますが、静止画では、わかりにくいと思いますので、最後に動画を載せています。ぜひご覧ください。

1.文章を手順図にする

問題

次の文章を、完成イメージのような表にしなさい。

f:id:waenavi:20190223111711j:plain

 

<完成イメージ>

f:id:waenavi:20190223111906j:plain

 

解説

縦の線をつなげて考えると3列の表と考えられます。まず、文章を全部選択します。

f:id:waenavi:20190223120115j:plain

 

「文字列を表にする」を選択して表に変換します。

f:id:waenavi:20190223120118j:plain

f:id:waenavi:20190223120122j:plain

 

1列の表ができます。左に2列挿入します。

f:id:waenavi:20190223120125j:plain

 

文字列を移動します。

f:id:waenavi:20190223120129j:plain

f:id:waenavi:20190223120133j:plain

 

1行目から順番にセルを結合します。1列目と2列目、2列目と3列目というように交互に選択して結合していきます。

f:id:waenavi:20190223120137j:plain

f:id:waenavi:20190223120142j:plain

 

結合が終わったら、罫線をすべて消します。

f:id:waenavi:20190223120147j:plain

 

Ctrlキーを使って説明文を3か所選択します。

f:id:waenavi:20190223120152j:plain

 

右に線を引きます。

f:id:waenavi:20190223120155j:plain

 

四角になる部分を、Ctrlキーを使って4か所選択します。外枠を実線で引きます。

f:id:waenavi:20190223120159j:plain

 

これで完成です。このように透明な表(セル)を使って文字列を配置して図を描く手法を「テーブルレイアウト」ということがあります。

f:id:waenavi:20190223120208j:plain

 

2.四角の中心に縦の線を通す

問題

次の表を作成しなさい。なお、列幅は任意とします。

f:id:waenavi:20190223112111j:plain

 

解説

7行2列の表を用意します。文字入力します。

f:id:waenavi:20190223124754j:plain

 

1列目と2列目を狭くします。

f:id:waenavi:20190223124757j:plain

 

ここで、四角の中心に縦の線を通したいときは、1列目と2列目の列幅を揃えておきます。

f:id:waenavi:20190223130642j:plain

 

1行目から順番にセルを結合します。

f:id:waenavi:20190223130645j:plain

 

1列目と2列目、2列目と3列目というように交互に選択して結合していきます。

f:id:waenavi:20190223130648j:plain

 

結合が終わったら、罫線をすべて消します。

f:id:waenavi:20190223130652j:plain

 

Ctrlキーを使って説明文を3か所選択します。

f:id:waenavi:20190223130655j:plain

 

右に線を引きます。

f:id:waenavi:20190223130658j:plain

 

四角になる部分を、Ctrlキーを使って4か所選択します。外枠を実線で引きます。

f:id:waenavi:20190223130703j:plain

 

それと同時に配置を中央にします。これで完成です。

f:id:waenavi:20190223130707j:plain

 

3.横幅を揃える

問題

次の4つの表を作成しなさい。

f:id:waenavi:20190223112314j:plain

 

解説

横に並べるときは、線の長さと四角の横幅の比率を考えて作るときれいに仕上がります。1番目の表は5列となりますが、2番目の表は、線の長さと四角の横幅の比率が、1対2となっていますから、全部で8列となります。同じように1対3の場合は11列、1対4の場合は14列です。

f:id:waenavi:20190223132312j:plain

 

2行5列、2行8列、2行11列、2行14列の表を作ります。

f:id:waenavi:20190223132316j:plain

 

4つの表の罫線をすべて消します。

f:id:waenavi:20190223132319j:plain

 

線でつなげる部分をCtrlキーを使ってすべて選択します。

f:id:waenavi:20190223132323j:plain

 

実線を引きます。

f:id:waenavi:20190223132327j:plain

 

四角になる部分をCtrlキーを使って選択します。

f:id:waenavi:20190223132331j:plain

 

外枠を実線で引きます。

f:id:waenavi:20190223132335j:plain

 

これで完成です。

f:id:waenavi:20190223132345j:plain

 

四角の中に文字を入力する場合は、適宜、セルを結合してから入力します。

f:id:waenavi:20190223132341j:plain

 

4.総合問題演習

問題

完成イメージを参考にして、A4用紙の幅いっぱいに表を作成しなさい。

f:id:waenavi:20190223134045j:plain

 

解説

まずは、行列をカウントします。このとき、線が途切れているところはすべてつないで考えます。行は、8行です。

f:id:waenavi:20190223153944j:plain

 

列は、5列です。

f:id:waenavi:20190223153948j:plain

 

8行5列の表を作ります。

f:id:waenavi:20190223153952j:plain

 

5列目は幅が狭いので、列幅を変えた後で、4列を揃える必要があります。(2列の表を作ってから4列に分割する方法もあります)

f:id:waenavi:20190223153954j:plain

 

全部罫線を消します。

f:id:waenavi:20190223153958j:plain

 

実線が4本と二重線が1本です。

f:id:waenavi:20190223154001j:plain

f:id:waenavi:20190223154004j:plain

f:id:waenavi:20190223154009j:plain

 

次に四角をかきます。

f:id:waenavi:20190223154013j:plain

 

細い実線が5か所と、太い実線が1か所です。

f:id:waenavi:20190223154017j:plain

 

一部分だけ列幅を変えます。

f:id:waenavi:20190223154022j:plain

 

セルの結合をします。

f:id:waenavi:20190223154026j:plain

 

文字入力して、文字列の配置を中央にします。

f:id:waenavi:20190223154034j:plain

f:id:waenavi:20190223154030j:plain

 

最後に縦書きにして完成です。

f:id:waenavi:20190223154037j:plain

 


解説は以上です。


5.動画版はこちら(無料)

この記事は、わえなび実力養成講座「Word新演習1・表作成の重要事例」Program 1-10のYoutube動画を書き起こして加筆修正したものです。

わえなび

 

ちなみに、Wordの罫線と表作成の動画は全部で26本あります。
すべて無料公開しています。ぜひご覧ください。

 


Copyright(C)2018-2019 waenavi, All rights reserved. [www.waenavi.com 定礎 平成三十年八月]